ビーズ関連口コミ情報

ビーズアクセサリー資格が取れる通信講座とは

ビーズアクセサリー資格が取れる通信講座とは

ビーズアクセサリーの資格は、ビーズアクセサリーの作成技術、作成に必要な知識と、指導可能なスキルがあるとされた人へ与えられます。試験受験者は女性が多く、アクセサリー店でオリジナルのビーズアクセサリーの販売を考えている方や、趣味で自分だけのビーズアクセサリーを作りたい方などの受験者が多いようです。ハンドメイド作家として活動する際にも、資格を持っていることで有利になることもあるようです。

ビーズアクセサリー資格を取得できる通信教育・通信講座

アパレル関係やビーズアクセサリーが好きな方が多く取得しているビーズアクセサリーインストラクターの資格ですが、口コミや評判を見ていると通信講座での勉強と資格の取得が人気のようです。テキストを見ながら学習を進めていき、技術や知識を磨くと同時に資格も取得できるということで、ハンドメイドの通信教育の需要も高まっています。

ビーズアクセサリー資格については、ビーズアクセサリーの人気資格を徹底比較!でも詳しくご紹介しています。

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得スペシャル講座

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得スペシビーズアクセサリーデザイナーW資格取得スペシャル講座は、試験なしで卒業時に「ビーズアーティスト」と「ビーズアクセサリーデザイナー」の2つの資格が取得できる人気の通信教育です。

日本インストラクター技術協会(JIA)が主催する「ビーズアーティスト」は、ビーズアクセサリー制作に必要な知識・技術を指導する能力を有した者に与えられる資格です。

日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する「ビーズアクセサリーデザイナー」は、ビーズや天然石に関する知識を持った上で、ビーズアクセサリーの作成における基本的な知識・技術を有した者に認定される資格です。

「初心者だけどオリジナルビーズアクセサリーを作りたい」「将来の仕事に繋げたい」という方向けに適した通信教育です。

  • スクール名:諒設計アーキテクトラーニング
  • 受講料:79,800円
  • 受講期間:6ヶ月
  • 学習スタイル:在宅受講
  • 対応する資格:ビーズアーティスト、ビーズアクセサリーデザイナー

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得スペシャル講座で学ぶメリット

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得スペシャル講座のメリットは、卒業と同時に2つの資格が取得でき、修得した知識・技術を趣味または仕事に活かせることです。Lesson1~Lesson4で構成されたカリキュラムを通し、ビーズアクセサリー制作に必要な知識と技術を学びます。

  1. Lesson1では制作に用いる材料・道具の把握や使用方法を学びます。
  2. Lesson2では天然石の種類・注意点・手入れの仕方に加え、その効果に関する知識も身に付きます。
  3. Lesson3ではビーズステッチの編み方を学習します。具体的には、8の字編み・ネッティング・デイジーステッチ・スパイラルロープ・ペヨーテステッチなど、複数の編み方やアレンジ方法が理解できます。
  4. Lesson4では、ネックレス・ブレスレット・ピアス・イヤリングをそれぞれ数種類のパターンで作成し、技術を修得します。

ビーズアクセサリー制作が初めての方でも理解しやすいテキスト内容に加え、分からない点は専任講師に質問できるサポート付きなので、どなたでも安心して受講できる講座です。知識と技術を学んだ受講後には、「ビーズアーティスト」「ビーズアクセサリーデザイナー」の2資格が取得でき、オリジナル商品販売や講師活動を行うことも可能です。

資格取得までの流れ

  1. 諒設計アーキテクトラーニングホームページまたは電話・郵送等で受講申込みします。
  2. 手元に教材一式が届き次第、在宅受講を開始します。
  3. すべての添削課題を終えた後、卒業課題を提出します。
  4. 提出課題が合格すれば卒業です。

卒業後には、講座修了証と「ビーズアーティスト」「ビーズアクセサリーデザイナー」2資格の認定証が発行されます。こちらの講座では最短2ヶ月の受講・資格取得も可能です。

ビーズアーティスト資格取得講座

ビーズアーティスト資格取得講座日本能力開発推進協会によって主催されている「ビーズアーティスト」は、ビーズ作品の制作に必要な知識から技術までが備わっていることを証明する資格です。ビーズ教室の講師として活動したり、医療、福祉、介護の現場のリハビリに携わったりと、様々な活躍の場があります。

  • スクール名:キャリアカレッジジャパン
  • 受講料:42,000円(税別)
  • 受講期間:4ヶ月
  • 学習スタイル:在宅受講
  • 対応する資格:ビーズアーティスト

ビーズアーティスト資格取得講座で学ぶメリット

・テキストと映像講義で実践しやすい

テキストには写真が多く掲載されており、ビーズ作品の作り方のコツと技術がしっかりと身につくようになっています。テキストは映像講義とも連動しているので、初心者でも無理なく学べるようになっています。

・アクセサリーデザイナーによる添削が受けられる

実技添削ではプロのアクセサリーデザイナーが指導してくれます。実践的な内容を学べるので、オリジナル作品の販売もできるようになります。

資格取得までの流れ

  1. キャリアカレッジジャパンのホームページや郵送等で受講を申込みします。
  2. 届いた教材を使って、在宅受講を開始します。
  3. カリキュラムを修了後、随時、在宅で受験します。

試験は在宅で、キャリカレのテキストを見ながらの解答も可能なので、しっかり学習していれば合格は難しくはありません。合格後は、認定証と認定カードが付与されます。

ビーズアクセサリーとは

ビーズアクセサリーとは、さまざまなビーズをつないだり編んだりして作り上げたアクセサリーです。ハンドメイドのアクセサリーなのでオリジナルのデザインで制作できます。また、モダン、クラシック、アンティークなど好きなテイストで作れます。

ビーズのデザインと編みの編み方

ビーズのデザインと編みの編み方ビーズには基本となる編みパターンがあります。基本のパターンをマスターすると、パターンを組み合わせてさまざまなデザインのアクセサリーを作ることができます。資格取得にも役立つ基本の編み方をご紹介します。

8の字編み

8の字編みは最も簡単な編み方でビーズアクセサリーの基本編みです。

まず、軽く2つに折ったテグスに4個ビーズを通し、4個目のビーズには両側のテグスを交差させます。次に、左右に1個ずつビーズを通して、次のビーズでテグスを交差させます。これを繰り返すと、8の字が繋がったような編み方ができます。

平編み

平編みは同じパターンの編みを繰り返してつなげていく編み方です。

まず、テグスや糸を軽く2つ折りにし、片方にビーズを8個通します。最後の1個は反対側のテグスを反対側から通して交差させます。次に、左のテグスにビーズを3個通し、右のテグスに3個通したら、次の1個は両側から交差するように通します。この作業を繰り返します。2段にしたい場合は、1段目の最後でテグスを交差させるビーズを横のビーズではなく下の位置のビーズにします。同じようにビーズを通して2段目は1段目の下の位置のビーズを1個拾いながら編んでいきます。

花モチーフ編み

花モチーフ編み軽く2つに折ったテグスにビーズを6個通します。次の1つのビーズに両端からテグスを通します。通したテグスをそのままもう一度、6個のうちの外側の2つに下から通します。テグスを引き締めたら、さらに2個ビーズを通してテグスを交差させます。これで花モチーフの完成です。繰り返し編むことも可能です。

ビーズアクセサリーのテイストと特徴

ビーズアクセサリーのテイスト(雰囲気)によってデザインに特徴があり、使うビーズも異なります。特徴を押さえることでデザインが浮かびやすくなり、ビーズに合ったアクセサリーが作れるようになります。

モダンテイストのビーズアクセサリー

モダンテイストのビーズアクセサリーは落ち着いていて格好良いデザインのものが多いです。ブレスレットやネックレス、ピアスなど、大きめのモチーフを入れたり、大きなビーズをアクセントにしたりすると見た目も良くなります。小さいビーズや竹ビーズはフレームに使ったり、編んで大きなモチーフを作ったりします。大きなドロップビーズやガラスビーズ、チェコビーズ、スワロフスキーなどは細いチェーンやフレームに1つ通すだけでもモダンテイストのアクセサリーになります。

クラシックテイストのビーズアクセサリー

クラシックテイストのビーズアクセサリーは、古風でありながら上品で華やかなデザインのものが多いです。ネックレスやリングなど、繊細な編みパターンを活かすことができます。

小さいビーズや竹ビーズはさまざまなモチーフに編むのに使用できます。花モチーフもクラシックテイストに合うので、組み合わせて織りやモチーフを作っても良いでしょう。大きなビーズは、パールやスワロフスキーなどの上品なものを使用し、繊細な編みパターンと合わせても良いです。

アンティークテイストのビーズアクセサリー

アンティークテイストのビーズアクセサリーは、上品で洗練された落ち着いたデザインのものが多いです。ネックレスやイヤリング、ピアスなど、マットな質感のビーズを使用し、大きさや形の異なるビーズを多めに組み合わせると良いでしょう。また、マットなゴールドカラーやシルバーカラーのパーツと組み合わせても良いでしょう。

小さいビーズはチェーンに使用したり、モチーフを作ったりするのに使用できます。クロスモチーフやオーバル、スクエアモチーフが合うので、小さいビーズで作ると良いでしょう。大きいビーズはガラスビーズ、チェコビーズ、スワロフスキー、天然石などを使用します。アンティークアクセサリー用にあらかじめアンティークストライプやパターンが刻まれているビーズも販売されているので、使用するとアンティークな雰囲気を出しやすくなります。

アクセサリーパーツ

アクセサリーパーツネックレスやブレスレットを作る際には、ビーズだけでなく金具パーツも必要になります。また、モチーフ制作ではベースパーツを使用する場合があります。これらの金具と台座はビーズアクセサリー制作に欠かせない非常に重要なパーツで、アクセサリーの完成度にも関わります。

クラスプ

ネックレスやブレスレットに使用する留め具です。穴に引っかけるタイプのクラスプが多いですが、差し込み型のものや、マグネットタイプのものもあります。最近では様々な素材やデザインで市販されているので、作るアクセサリーに応じてクラスプも楽しんで選べます。

台座パーツ

あらゆるビーズアクセサリーで使用できるモチーフ制作の台座です。まず、イヤリングやピアスの台座が挙げられます。この台座にビーズを通してアクセサリーにします。金座や花座などの台座は、台座にビーズを通したり編んだりしてモチーフが作れます。ヘアアクセサリー用の台座は、台座にビーズやモチーフを編みこんで、さまざまなタイプのヘアアクセサリーを作れます。台座があると華やかなモチーフが容易に作りやすくなるのが良い点です。また、簡単に崩れにくくなるので、完成したビーズアクセサリーを長い間楽しむことができます。

 

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. beads 日本アロマメディカル心理セラピー協会評判口コミ
  2. beads 日本生活環境支援協会口コミ評判
  3. 2月の誕生カラーのビーズを選んで作るアクセサリー
  4. beads 諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判
  5. beads SARAスクール口コミ評判
  6. beads 日本安全食料料理協会口コミ評判
  7. beads アレンジ自由自在。贈り物にも最適なビーズの世界を探求
  8. ビーズの色が選べる6月生まれのカラー一覧

最近の投稿

PAGE TOP