ビーズアクセサリーの人気記事

夏にむけてビーズアクセサリーで自分を高めるには

beads

夏は誰もが薄着になる季節です。着物、水着を着る数少ないチャンスでもあります。そこにもう一工夫をプラスしてもっと自分を彩ってみましょう。

Tシャツ一枚のみのファッションでもアクセサリーを組み合わせることによってシンプルなお洒落を演出することもできます。
今回は、水着でも浴衣でも映える夏のための涼しげなビーズブレスレットレシピをご紹介いたします。

必要な道具とレシピ

今回のアクセサリーに必要な道具は、丸カンが4つ、9ピンが1つ、チェーンが一本に、ストーンチップのビーズを使います。
金具の色は統一した方がより美しく見えます。ビーズの色は青や白で合わせると良いでしょう。単色でも混合でも◎。

まず、9ピンに使う分のビーズを全て通します。通したら先端をペンチで折り曲げてビーズが抜け落ちないようにしましょう。
できましたら両端に丸カンをつけて、チェーンの両端にも丸カンをつけましょう。その2つを繋ぎ合わせれば完成です。
丸カンをカニカンやマンテルに変更するのも良いでしょう。
カニカンを使う場合はチェーンがアジャスターの役割になるように輪の広いものを選ぶ必要があります。
性別関係なしに着用できるので、汎用性が広く使い勝手の良いデザインに仕上がります。

季節によって色を変えるのもよし

ストーンチップを付け替えることはできませんが、カニカンを使えばパーツの取り外しができるため、複数色作ってチェーンに付け替えることは可能です。
例えば、春はピンク+黄緑、秋はオレンジでまとめ、冬は白一色でも十分アクセサリーとして使うことができます。
難しい工程ではなく、材料も9ピンとビーズ、カニカンだけで制作できるので、季節やファッションによって使い分けていきましょう。

夏に輝くアクセサリーといえば

夏は実に多くの風物詩がありますね。アクセサリーとして合うものならば貝がら、海、空の色や花火などが挙げられます。
市販のアクセサリーはどうしても同じようなものばかりでなかなかイメージ通りのものが見つからない・・・という方は、ハンドメイド系のサイトを覗いてみてはいかがでしょう。
ハンドメイドだからこそ、市販の商品よりも手作りのしっかりした作りだったり、自分では思い浮かばなかった個性的なデザインの作品が展示されています。
特に季節によって商品がガラッと変わるのが、サイトやアプリを見てるだけでも楽しめます。夏のアクセサリーも一つから取り寄せることもでき、作品作りの参考にすることもできます。
値段はピンからキリまでですが、安価で手作りアクセサリーを手に入れることができるので、アクセサリーが好きならば一度見てみることをおすすめします。

さいごに

夏に向けて、天然石も青や白を多く使ったアクセサリーが多く販売されていますが、一押しのお気に入り作品は見つかりましたか?

やはり老若男女に好かれるアクセサリーといえばシンプルなもの。例えば、白いワンピースに青いピン留めをした女の子に憧れた男性は数え切れないほどいると思います。
そのような軽めの装いでも何故か愛らしく、美しく見えてしまう季節が夏です。
今まであまりアクセサリーのような装飾品はつけないし興味もなかったという方も、是非この夏はチャレンジしてみてください。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ビーズアクセサリーの基礎 ビーズの形と名前6選
  2. スワロフスキービーズのパールネックレスとイヤリング
  3. 子ども用キャンディビーズのアクセサリー
  4. ビーズアクセサリーに必要な道具
  5. beads ビーズアクセサリー用のおすすめボンドをご紹介
  6. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 100均グッズをビーズで、リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレ…
  7. ビーズアクセサリーに適しているテグスの号数を解説
  8. ビーズアクセサリーの材料にこだわるならこの4つがおすすめ

最近の投稿

PAGE TOP