ビーズアクセサリーの人気記事

これだけは押さえたいビーズアクセアリー基本スキル

ビーズアクセサリーは器用な人しか作ることができない、なんて思っている人はいませんか?一見難しそうなビーズアクセサリー作りですが、実は基本さえマスターしてしまえば意外と簡単に作ることができるのです。これだけは押さえておきたいビーズアクセサリーを作る上で基本となるスキルを紹介します。

まずは8の字編みをマスター

ビーズアクセサリーの多くの作品で登場するのが『8の字編み』です。ほとんどの作品では8の字編みを使ったり8の字編みを応用して作られています。まずはこの8の字編みをマスターすることが、ビーズアクセサリー作りの第一歩といってもいいかもしれません。8の字編みは名前のとおり、テグスを『8』の字のようにビーズの穴で交差させながらどんどん編み進んでいく方法です。たとえばビーズをテグスに3つ通し、4つ目のビーズの穴でテグスをクロスさせる、というように編んでいく方法です。これさえマスターすればほとんどの作品に挑戦することができます。

8の字編みの応用の平編みに挑戦

8の字編みができるようになったら、8の字編みを段にして編んでいく『平編み』に挑戦してみましょう。8の字編みをいくつか編んだら、すでに編んだビーズにもテグスを通しながら段に編んでいきます。最初の8の字編みの数によって幅が決まるので、お好みの幅でアクセサリーを作ることができます。ブレスレットや幅広のリングなどを作るときに平編みが良く使われます。段を増やすときに少し面倒に感じるかもしれませんが、基本は8の字編みですので8の字編みができれば問題なく平編みもすることができます。

ビーズボールを作れるようになろう

編み方の基本ができるようになったら、ビーズボールを作ってみましょう。まずはビーズを12個使ったビーズボールに挑戦してみてください。8の字編みをベースに、ビーズを4つ1組にしてボール状に編んでいきます。最初に4つのビーズを使って8の字編みをし、その後3つ通して8の字編みを2回します。残った2つのビーズを左右のテグスに通し、一番最初に通したビーズの穴でクロスさせてからきゅっと引っ張ってみてください。綺麗なボール状になるはずです。12個のビーズでうまくいったら、30個のビーズを使ったビーズボールにも挑戦してみてください。

花モチーフを編んでみよう

花モチーフもビーズアクセサリーのレシピによく登場します。これも8の字編みの応用なので、挑戦してみてください。まずビーズをテグスに6個通します。花の芯となるビーズを1つ、同じ方向から左右のテグスを通します。最初に通した6個のビーズを2つずつに分け、左右のビーズにテグスを下方向から通します。最後にもう2つビーズを用意し、左右からテグスを通してきゅっと引っ張ってください。これをどんどんつなげれば花モチーフのブレスレットを作ることができます。

基本をマスターしよう

今回は4つの基本スキルを紹介しました。まずは8の字編みと平編みさえ押さえておけば、多くのビーズアクセサリー作りに挑戦することができるようになります。4つの基本スキルをしっかり身につけることができれば、多くのビーズアクセサリー作りを楽しむことができるようになります。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. 100均でそろえるビーズアクセサリーに必要な材料
  2. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ ビーズアクセサリー作りで使う丸カンについて
  3. 淡水パールを使ったビーズアクセサリーは柔らかな印象に
  4. トルコ石でオリエンタルなビーズアクセサリーを手作りしよう
  5. ビーズアクセサリーとは?ハンドメイドで楽しめるビーズのアクセサリ…
  6. ビーズ刺繍 セリアの100均ビーズで作るキュートすぎるピアス3点
  7. ビーズと100均アイテムで簡単工作で作るフォトフレーム
  8. チェコビーズとスワロフスキーパールで作る愛されピアス

最近の投稿

PAGE TOP