ビーズアクセサリーの人気記事

スワロフスキービーズのパールネックレスとイヤリング

シックな色合いのスワロフスキービーズのパールネックレスとイヤリング

パールといえばホワイトのイメージがありますが、シックなカラーのパールもとても素敵です。大人のワンランク上の上質なパール、シックな輝きのシンプルなネックレスはいかがでしょうか。ホワイトのパールとは雰囲気の違う、少しシャープでカッコいい、大人ダークカラーのパールネックレスとおそろいのイヤリングをご紹介します。

ダークカラーのパールネックレス

スワロフスキーのダークグレーのパールとブラックカラーのロンデルを使ってカッコよく作りましょう。ロンデルのブラックでさらにかっこよさがアップします。

パールネックレスの材料

首周り40センチ

スワロフスキーパール 4ミリ ダークグレー 3個

スワロフスキー平ロンデル 4ミリ ブラック 2個

スワロフスキーソロバン型 4ミリホワイトアラバスター 2個

丸小 シルバー 適量

テグス2号 100センチ

ボールチップ シルバー系 2個

かしめ玉 2個

丸カン シルバー系 2個

アジャスターシルバー系 1本

引き輪 シルバー系 1個

パールネックレスの作り方

①テグス100センチの真ん中辺りに、スワロフスキー4ミリソロバン型ホワイトアラバスター・スワロフスキーパール4ミリダークグレー・スワロフスキー4ミリロンデルブラックカラー・スワロフスキーパール4ミリダークグレー・スワロフスキーロンデル4ミリブラックカラー・スワロフスキーパール4ミリダークグレー・スワロフスキー4ミリソロバン型ホワイトアラバスターを入れます。この7つがネックレスの中心になります。

②このビーズが動かないように、片方の部分にセロハンテープを止めておきます。片方づつ丸小シルバーを通していきます。

③右のテグスに丸小のシルバーを通していきます。首回り約40センチくらいのサイズを目安に、まず右のテグスに丸小シルバーを通していきます。

④反対の左のテグスのセロハンテープをはずし、同じ要領で丸小のシルバーを通していきます。アジャスターの分の長さが入るので調整しておいてください。

⑤お好みの長さになったら、ボールチップを通してかしめ玉を入れ、テグスをしっかり結んでかしめ玉を潰します。ボールチップを丁寧に閉じ、丸カンで引き輪とつなぎます。反対側も同じ要領でボールチップを付け、丸カンとアジャスターをつなぎます。

ダークカラーのパールのイヤリング

パールのネックレスとおそろいでイヤリングも作りましょう

パールイヤリングの材料

イヤリング金具 シルバー系 カン付き 2個

スワロフスキーパール 3ミリ ダークグレー 4個

スワロフスキー平ロンデル 3ミリ ブラック 2個

Tピン シルバー系 2本

丸カン シルバー系 2個

パールイヤリングの作り方

①Tピンにスワロフスキー3ミリパールダークグレー・スワロフスキー3ミリロンデルブラックカラー・スワロフスキーパール3ミリダークグレーを通し、余分なピンの部分をニッパーでカットして、先を丸ヤットコを使って丸めます。丸めたところとイヤリングのカンの部分を丸カンでつなぎます。

②もう片方も同じ要領で作ります。これでイヤリングの完成です。イヤリングはパールもロンデルも一回り小さくしてあります。

これでスワロフスキーパールで作るダークカラーのネックレスとイヤリングの完成です。

ホワイトパールとは雰囲気の違う、落ち着いたカラーのデザインをお楽しみ下さい。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ビーズの保管方法のアイデア集
  2. beads ビーズアクセサリーで使う丸カンを解説
  3. ビーズアクセサリーとは?ハンドメイドで楽しめるビーズのアクセサリ…
  4. ビーズの種類 ハンドメイドでよく使われるビーズの種類について
  5. メンズにも人気の高いビーズアクセサリーとは
  6. ビーズアクセサリーステップアップ ビーズステッチの基本テクニック…
  7. ビーズアクセサリー作家になるためにやりたい3つのこと
  8. ビーズアクセサリーに使う金属パーツ基本テクニック

最近の投稿

PAGE TOP