ビーズアクセサリーの人気記事

パールビーズとサテンリボンの上品ブレスレットの作り方

100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ

「ビーズアクセサリーを作ってみたいけど難しそう」と思っている人も多いのではないでしょうか。もっと手軽に簡単に、その上とびっきりかわいいビーズアクセサリーが作れるようになりたいという人必見の、パールビーズとサテンリボンを使った、上品でキュートなブレスレットの作り方を紹介します。リボンを折ってパールビーズを通すだけという簡単ステップですので、ぜひ挑戦してみてください。

パールブレスレットに必要な材料

まずはブレスレット作りに必要な材料と道具をそろえましょう。

・10mmほどのパールビーズ適量

・10mm幅のサテンリボン適量

・テグスもしくは透明の糸

・ビーズ針

・ライターもしくはボンド

パールビーズはお好みの色やサイズのものを用意してください。パールの大きさにもよりますが、10個から15個ほどで手首1周分のブレスレットを作れます。サテンリボンもお好みのカラーで用意してください。パールの大きさと同じ幅のリボンを使うことで綺麗な仕上がりになります。サテンリボンがほどけないように、ライターかボンドを使ってほつれ留めをします。

パールブレスレットの作り方は折って通すだけ

では早速作っていきましょう。作り方は、リボンを折ってパールを通すだけで簡単に作ることができます。

1.ビーズ針にテグスもしくは透明の糸を通して端を結んでおきます。

2.サテンリボンの先から18cmほどのところを軽く結んでおきます。

3.サテンリボンの結び目に糸の結び目が隠れるようにひと縫いし、リボンの端を引っ張って結び目を固く結びます。

4.リボンの結び目のすぐわきをひと縫いし、ひとつめのパールを通します。

5.パールにリボンを巻きつけるようにし、そのままリボンにも針を通します。

6.リボンをパール幅に一折し針を通します。

7.手順5と手順6を繰り返し、手首のサイズになるまでリボンを折りながらパールを通しましょう。

8.最後までパールを通したら糸を固く結び、サテンリボンで結び目を隠すようにしっかり結ん美ます。

9.反対のサテンリボンと同じ長さになるようにカットし、端をライターであぶるかボンドを薄く塗ってほつれ留めをしたら完成です。

リボンを結んでエレガントに着けよう

出来上がったブレスレットは、端をリボンをかわいく結ぶことで身につけることができます。大きめのパールを使えばボリュームのあるブレスレットになりますし、小さめのパールを使えば控えめながらも存在感のあるブレスレットになります。縫い合わせるテグスを伸縮性のあるタイプにすれば、身につけるたびにリボンを結ぶ必要がないのでおすすめです。サテンリボンであれば、ライターであぶってほつれ留めをすることができますが、素材によってはライターが使えないものもあるので、心配な場合は布用ボンドを使うといいでしょう。

いろいろな色の組み合わせを楽しんで

パールビーズは色や大きさのバリエーションも増えています。パールのサイズ感を変えるだけでもブレスレットの印象をがらりと変えることができます。ホワイト系のパールならどんなサテンリボンにもマッチしますし、パールとリボンを同系色にまとめるのもおすすめです。パールをコットンパールにするとカジュアルな印象になり、トレンド感もアップします。パールでなくてもお気に入りのビーズを使って作ってもいいかもしれません。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. ビーズアクセサリーのパワーストーン販売店で人気の石とその効果
  2. ビーズと100均アイテムでセロハンテープ台をデコレーション
  3. ビーズのことなら何でもそろう貴和製作所4つの魅力
  4. beads 流行に流されにくいビーズアクセサリーとは
  5. アレンジ自在のビーズボールの作り方をマスターしよう
  6. パールビーズ シンプルで可愛いパールビーズのネックレス
  7. beads アイロンビーズでアクセサリーを作る方法
  8. 初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ ビーズアクセサリー作りで使う接着剤の種類について

最近の投稿

PAGE TOP