ビーズアクセサリーの人気記事

初心者向きビーズで作るヘアアクセサリー

初心者だって、かわいいアクセサリーが作りたいというそんな気持ちにこたえるビーズのアイデアです。作業は細かいですが、大変ではありませんのですぐに取り掛かることができます。色とりどりのビーズと100均で手に入るアイテムを使って簡単にできるヘアアクセサリーのアイデアです。
ビーズで作るキラキラとゆれるヘアピンの作り方です。ビーズを使ってあっという間に作ることができ、自分で作ったオリジナルアクセサリーでお出かけすることができます。

キラキラゆれるヘアアクセサリー ヘアピンアレンジ

材料
丸小ビーズ・好みのビーズ
テグス
ヘアピン

あると便利な道具
制作用マット
ビーズ入れ

作り方

ポイント1
ビーズで何かを作る時は、テーブルに大きめのフェルトを敷いてからはじめるとビーズが転がってもフェルトにひっかかって転がっていきません。専用のマットも販売していますが、100均の大判フェルトでも代用が可能ですのでおすすめです。

1 ビーズは色あいをそろえても、ランダムでもかまいません。
2 ビーズが落ちないよう先端をたま止めしてからテグスにビーズを半分だけ通します。
  ※テグスの長さはヘアピンにつけた時にどれくらい長くたらしたいかで決めます。
  ※2連、もしくは輪にしますのでたらしたい長さの2倍の長さが必要です。
3 ビーズを通したらヘアピンのU字部分にテグスを2~3回巻きつけて固定します。
  ※テグスはできるだけしっかりと巻きましょう。
4 残りのビーズを通したらテグスを結んでとめます。
5 ヘアピンにテグスを巻いた部分にボンドを1滴たらすとほどけなくなります。
6 同じようにビーズを何本かヘアピンにたらしてボリュームをつけます。
  ※2連でたらすように処理せず、ブレスレットを作る要領で輪にしても丸みがでてかわいいです。

ポイント2
丸小ビーズの列と違う大きさのビーズを組み合わせるとアレンジの幅が広がります。

ポイント3
ヘアピンはあまり重みに耐えられません。極端に長くビーズをつなげると重みで取れてしまいますので注意が必要です。

ポイント4
テグスは伸びるタイプのものでなくてもOKですが、号数は小さい方がきれいに仕上がります。

たくさん作ってボリュームアップ

1本ではあまりボリュームがありませんので何本か作って髪に飾ればボリュームをアップさせられます。
ビーズのアクセサリーは夏によく映えます。キラキラゆれるヘアピンは浴衣を着る時によくあいます。浴衣の柄にあわせた色合いで作れば、コーディネートも完璧です。
Uピンで作ればお団子ヘアに使うこともできますので応用することができます。

余裕があれば、丸小ビーズと伸びるテグスで即席リングを作って、セットにすればさらに充実します。ビーズのヘアピンならすでに用意してある髪飾りにあわせても邪魔をしません。オリジナルヘアアクセサリーでのお出かけは気持ちもはずみます。
このヘアピンはビーズを選べば子供向けに入卒園式やお呼ばれの席でのヘアアクセサリーとしてもアレンジが可能です。
コットンパールでちょっと大人びた雰囲気にすることもできます。どこにでも売っているアクセサリーではなく、お母さんの手作りのアクセサリーで晴れの舞台をバックアップしてあげることも可能になります。TPOにあわせて幅を広げられるのがビーズの魅力でもあります。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ビーズアクセサリーの資格取得3つのメリット
  2. フリーのビーズのレシピ作家
  3. beads 時計パーツを使ったビーズアクセサリーの作り方
  4. beads ビーズアクセサリーで使うチャームはどこで仕入れよう
  5. ビーズと100均アイテムでアレンジするオリジナルバッグ
  6. beads ビーズのネックレスで使う部品について
  7. beads ビーズアクセサリーを使って内職
  8. ビーズアクセサリー作りで使うターコイズとは

最近の投稿

PAGE TOP