ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズでアクセサリーを作る際の留め具の種類

beads

留め具にも多くの種類があり、全てを記憶するのは難しいですが、ここではよく使われている汎用性の高い留め具をご紹介していきます。

きっとレシピや本を見ていたらでてくる名称もあるでしょう。スムーズに作品を作るためにも、事前に基礎的な知識を蓄えて損はありません。

基本的な留め具

丸カン

この名称を聞いたことがあるでしょうか。これは言葉の通り丸の形をした留め具で、パーツとパーツをつなぎ合わせるものです。
これ自体にデザインが施されているデザイン丸カンも存在します。ビーズでアクセサリーを作りたいのならば常備しておいた方が良いでしょう。
おそらく一番使用率が高い金具ですので使い方も覚えておきましょう。一度開きすぎると歪んでしまい使えなくなってしまうので注意してください。

9ピン

丸から一本線が飛びてているような形で、これにビーズを通した後にペンチなどで丸めて他のパーツと繋ぎます。
丸カンの役割+ビーズをそのまま繋げることができる機能の留め具です。
丸ヤットコではさんで先を丸めるのですが、曲げた部分の口が開いていたり倒れてしまう事もありますので、その場合は平ヤットコで整えましょう。

Tピン

9ピンと似ていますが、こちらは輪がないため、パーツの繋ぎ終わりに使用することが多いです。使い方は似ているため扱いも難しいものではありません。アクセサリーよりもストラップなどの方が使われています。こちらも丸カンと同じくデザインピンというものがあり、ピンの先に装飾が施されているため単体でも魅せることができる優れものです。

ヒキワ・カニカン

ネックレスやブレスレットを作る際によく使われている金具の1つです。
カニカン+丸カン+アジャスターを組み合わせれば、長さ調節ができるネックレスを作ることができます。

Vカップ

ボールチェーンを使ったネックレスを留め具とつなぐための金具です。Vカップはボールチェーンでしか使わないので必要に応じて用意しましょう。
ボールチェーンのサイズに合わせる必要がありますので注意です。

つぶし玉

これは平ヤットコで潰して使うもので、テグスに通したビーズを固定させたり、最後の処理や先端のテグスを目立たないようにすることもできます。

マンテル

輪の中に棒を入れて留めるという少し変わった見た目の金具で、主にブレスレットを作る際に使用されます。
金具単体でも魅せることができるため、ハート形や星型などバリエーションは豊富です。

カシメ

紐や革ひもを金具に繋げるための留め具です。紐の端を潰し固定して使います。役割はVカップと似ていますが、違いは使われる素材です。

アジャスター

アクセサリー以外でも使われるものですが、意味は「調整する」ということです。
ネックレスで一番見かける留め具です。丸カンとセットでないと使えないのですが、アジャスター自体に丸カンが付いている場合もありますので確認してください。

さいごに

使いたい留め具について知ることができましたか?作品によって使い分けたり、あえて今まで使わなかった留め具を使ってみるのもいいかもしれません。
留め具にも気を使うことでアクセサリー全体の雰囲気を変えることもできます。出来ることからどんどん工夫し、アレンジして自分流を生み出しましょう!

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. コットンパールとビーズボールのネックレスの作り方
  2. ビーズで作る簡単なヘアアクセサリーアレンジ
  3. beads 既存の腕時計バンドをビーズアクセサリーで大変身
  4. beads メンズに人気のあるビーズアクセサリーとは
  5. キャッツアイビーズで作る可愛いハートのネックレストップ
  6. ビーズアクセサリーとは?ハンドメイドで楽しめるビーズのアクセサリ…
  7. beads 豪華なキュービックジルコニアビーズの指輪
  8. ビーズで贈るための4月生まれのカラー特集

最近の投稿

PAGE TOP