ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズで作るスパイラルネックレスとハンドメイドで必要なこと

ビーズで作るスパイラルネックレスとハンドメイドで必要なこと

スパイラルネックレスとは

スパイラルネックレスとは1つのパターンを持った配列のビーズを中心のビーズに繰り返し、編む位置をずらしながら編み進めることでスパイラル状に模様が出るネックレスのことです。配列を工夫することで面白いネックレスを作ることができます。
3連や4連などのビーズネックレスをねじってスパイラルの形にしたネックレスもスパイラルネックレスと呼ばれることもありますが、今回は編みながらねじり模様を出すスパイラルネックレスをご紹介していきます。

ビーズでスパイラルネックレスを作るときの工夫ポイント

すべてスパイラルさせて作るのは基本的な作り方ですが、始めはビーズをそのまま通していき、途中からスパイラルを始めたり、短いスパイラルを編んでチェーンに繋いでネックレスを作るとスパイラルの部分がより引き立つデザインになります。

スパイラルの幅を中心に行くほどビーズの数をふやして太さを変えながら作るとメリハリの利いた美しいラインが生まれます。徐々にビーズの大きさを変えて作っても同じような効果を得ることができます。

スパイラルネックレスの作り方

それではスパイラルネックレスの作り方をご紹介していきましょう。スパイラル用のビーズの配列は隣り合うビーズの色の濃淡や色彩に差を付けてねじれた線が浮かび上がるようにして作ると良いでしょう。スパイラル用のビーズの配列の順番は変えませんが、中心部分に向かう半分から1/3程度の配列の中央にあるビーズを大きなものに取り換えることで立体感が生まれます。色を濃くしたり薄くしたりすることでもスパイラルのラインに変化を持たせることができます。

材料
・ビーズ中心用
・ビーズスパイラル用(6種類)
・テグス
・潰し玉
・ボールチップ
・丸カン
・カニカン
・アジアスター

作り方
1.まずストッパーになるビーズをテグスの先に取り付けます。

2.次に中心用のビーズを4個通したらスパイラル用のビーズ6種類を通して中心のビーズにテグスを通します。

3.通したら中心のビーズを1個追加してからスパイラル用のビーズを同じように通してから中心のビーズの下のビーズ1個を残して新たに通したビーズを合わせて4個のビーズにテグスを通します。

4.3を繰り返して編み進めていきましょう。

5.テグスが短くなってきたら新しいテグスと途中まで一緒に編んでから途中で玉止めをして結び目をビーズの穴の中に入れます。

6.編み終わったら両端にそれぞれボールチップ通してから潰し玉を通して潰し玉にもう一度テグスをくぐらせてからボールチップがビーズに当たるように軽くテグスを引いてから潰し玉をペンチなどで潰します。その後ボールチップを閉じて潰し玉を隠すように処理をします。

7.ボールチップに丸カンを使ってカニカンやアジャスターを取り付ければ完成です。

スパイラルネックレス作りは繰り返し中心に戻って編み進めていくのでなかなか根気のいる作業です。思ったほどサクサクとは進んでいきませんが編みあがったときの達成感は高いです。出来上がりも販売されている商品のように美しい仕上がりになるので頑張って編み進めていってください。すてきなスパイラルネックレスを作ってみてくださいね。

ハンドメイドでビーズアクセサリーを作るために必要な事

簡単にスマホなどでインターネットを使うことができるようになってからは、自分で好きなビーズアクセサリーを作って販売しているという人を多く見かけるようになりました。パソコンでも出来ることだったのですが、やはり手軽でアプリなど多く出て便利ということもあり自分のハンドメイド作品を展示して販売する人は目に見えて多くなりました。
では、具体的にビーズアクセサリーを作るにはどうすればよいのでしょうか。
この記事ではこれからハンドメイドでビーズアクセサリーを作りたい人のために役立つ情報をご紹介いたします。

ひとまずビーズに触れてみよう

ビーズを使ったアクセサリーは好きだけれど、自分で作ったことは無いしどうすればいいかわからないという方は多いと思います。
好きなことでお金を稼ぐのは誰もが憧れることですが、やはりお金に変えるのはそれなりの気力や時間がかかります。
まず、簡単なものでいいからビーズを使った作品を作ってみましょう。100円ショップで買えるテグスとビーズがあれば一番基本的なものは作ることができます。

販売なども視野に入れている場合

それよりももっと道具を使った本格的なアクセサリーを作りたいのならば、初期費用として2,000円ほど掛かりますが材料をそろえてください。
必要な道具はひとまず基本的なもので「ニッパー・ヤットコ・丸カン・カニカン・Tピン・9ピン」があれば人にプレゼントできるような出来栄えのアクセサリーが作れます。
丸カンやTピンは消耗品で、一つの作品でもかなりの数を使う場合があるため初めてでも多く買った方が良いです。大体100個ほどのセットで販売しているためそのくらいあれば十分でしょう。
これらとビーズがあれば幅広く作品を作ることができて、十分販売できるものも作ることができます。
材料や道具を揃えて、では一体作品を作って販売できるくらいの腕前になるためにはどうすればよいのでしょうか。

作品作りで重要な事

結局良い材料や美しいビーズがあっても、必要なことはやる気です。自分だけでは良いデザインも思いつかないし、一辺倒なものしかできないと言っても作品を多く作り練習していけば腕は確実に上がっていきます。
ビーズアクセサリーにはレシピという物があり、アクセサリーの作り方やコツなどが記されたものがネット上にも数多く上がっています。
それを参考に練習を続けて行けば、自然と見本に近いものが出来上がり、上手くできたらそのうち多くの人に見てもらいたくなると思います。
自分の思い通りに作れず途中で挫折してしまったり嫌になってビーズを触らなくなってしまうのが一番悲しいです。
最初から高い目標を目指すのではなく、今自分に作れるものから一つ一つ丁寧にクリアしていきましょう。そうすれば作品作りの楽しさや自身の成長を感じられて長く続けられることができます。

さいごに

ビーズアクセサリーは比較的始めやすい趣味の一つで、基本的なテクニックも難しいものではないためやる気があれば誰だって始めることができます。
ハンドメイドビーズアクセサリーに興味があった方は、これを機にチャレンジしてみていただけたら幸いです。
もしかしたら練習次第で、数ヶ月で売り物のような作品を作ることができるようになるかもしれませんよ。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. ビーズアクセサリーを綺麗に仕上げる裏ワザ5選
  2. beads ビーズアクセサリーで使う蝶モチーフ
  3. 初めてでもできる簡単ビーズ刺繍に挑戦
  4. 自分で作りたいを叶えてくれるビーズキットでアクセサリー作り
  5. 透かし蝶を使ったビーズアクセサリー作りをしてみよう
  6. ビーズアクセサリーステップアップ ビーズステッチの基本テクニック…
  7. 淡水パールを使ったビーズアクセサリーは柔らかな印象に
  8. ビーズアクセサリーの無料レシピおすすめサイト4選

最近の投稿

PAGE TOP