ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズと100均アイテムでデコレーションペンシルを作る

子どもが満足できて、親は簡単に教えてあげられるそんな工作があれば夏休みの工作の宿題もあっという間に終わります。退屈な休日に遊んでとおねだりされた時や、お友達の誕生日プレゼントを手作りしたいと相談された時、もしくは、自分でなにか作ってみたいから教えてとお願いされた時に役立ててください。
さっと用意ができて、パパッと説明ができて、あっという間に完成できれば喜ばれます。色とりどりのビーズと100均で手に入るアイテムを使って簡単にできる工作のアイデアです。

デコレーションペンシルの作り方

いつも勉強で使うえんぴつを かわいくデコレーションします。一気にたくさん作った方が効率がいいので、たくさん作れば友達にプレゼントもできます。

材料
えんぴつ・・・数本
ビーズ・・・適量
スイーツデコ用ホイップ・・・数本
その他・・・デコレーションしたい小さなパーツ

材料のポイント
・えんぴつはできるだけ無地のものがビーズがひきたってかわいいです。
・ビーズはあまり大きくないものを選びます。
(えんぴつが重くなってしまいます)
・デコレーション用のパーツは100均の手芸コーナーなどから選べます。
・デコ用ホイップは、ホームセンターにあるシリコンでも代用OKですが大量にあるため使い切るのは大変です。

必要な道具
・クリアファイル
・えんぴつ立て
・ピンセット
・ウエットティッシュ(汚れた時用なのであれば)

作り方

ポイント1
作業はテーブルが汚れてもいいようにクリアファイルの上で行います。使い終わったら そのまま捨てることもできますし、次回 使用することも可能です。

1 えんぴつにデコレーションするパーツを選びます。
 ※あまり大きなビーズを選ぶと出来上がったえんぴつが重くて使いづらくなってしまいます。
2 スイーツデコ用ホイップクリームをえんぴつの上 3分の1くらいにまで絞り出します。
 ※全面にホイップを絞るとえんぴつが削れなくなりますので半分以下にしておきます。
 ※ホイップクリームの絞り方は、ケーキのデコレーションをイメージするのがかわいいです。
 ※デコレーションが難しい場合は、バターを塗るように塗布してもOKです。
3 絞り出したホイップ部分にビーズをピンセットでデコレーションします。
4 デコレーションし終わったえんぴつは えんぴつたてに重なり合わないように立てて乾かします。

ポイント2
デコレーションしたホイップは最低でも1日以上は乾燥させておきます。表側は乾いたようでも、中まで完全に乾燥するまで時間がかかります。潰れると見た目が崩れるだけではなく、ホイップが他の所についてしまって取れなくなります。

ポイント3
デコレーション用ホイップクリームはあまりたくさんはいっていません。ホームセンターでシリコンを買って代用が可能です。
えんぴつを大量にデコレーションしても多くて使い切ることはできませんが、途中で足りなくなることがありません。ホームセンターで200円程度で購入できます。
※シリコンは100均のホイップクリームの搾り出し袋を使って絞り出します。
※搾り出し口は金型ではなく、プラスチック製を必ず選んでください。

たくさん作れます

1本あたりのえんぴつに使うホイップクリームは少量です。封をあけたホイップクリームは乾燥にとても弱いので、できるだけ一度で使用してしまうことをお薦めします。
ビーズで飾るデコレーションペンシルの出来上がりです。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. ビーズ初心者のためのテグスとTピンの扱い方 ビーズ初心者のためのテグスとTピンの扱い方
  2. 余ったビーズを溶かして作るメルトビーズでアクセサリー作り
  3. ビーズと100均アイテムでセロハンテープ台をデコレーション
  4. パールビーズ ビーズとリボンパーツで作るブレスレットとピアスの作り方
  5. バッグの持ち手につけるスワロビーズのチャームアクサセリー
  6. beads 秋と冬で大活躍するモテビーズアクセサリーとは
  7. レジンを使ってオリジナルビーズを作ろう
  8. スワロフスキーのロンデルを使ったビーズアクセサリー

最近の投稿

PAGE TOP