ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズと100均アイテムで簡単工作で作るフォトフレーム

夏休みの工作の宿題などにいつも頭を抱えている時のお役立ち工作です。色とりどりのビーズと100均で手に入るアイテムを使って簡単にできる工作のアイデアです。

作るのは思い出の写真を飾ることができるフォトフレームです。夏休みの思い出を飾るフォトフレームをビーズやクラフトパーツを使ってデコレーションします。思い出の数の分だけたくさん作ることができ、デコレーション次第でいくつでも完成させることができます。

オリジナルフォトフレームを作る

シンプルなフォトフレームも飾ればとってもかわいくなります。お友達との写真を入れてプレゼントにすることもできます。

材料
フォトフレーム
軽量粘土(ホワイト)
ボンド
ビーズ
デコレーション用クラフトパーツ(貝殻など)

材料のポイント
・材料は全て100均で揃えることができます
・フォトフレームは粘土で覆ってしまうのでシンプルなもので十分です。
・軽量粘土はパーツの色を活かすためにホワイトがおすすめですが、カラーのものでもOKです。
・ボンドはフォトフレームがプラスチックの場合はプラスチックでも使えるものを用意してください。
(木製の場合は、木工用ボンドでOKです)

必要な道具
・クリアファイル
・ピンセット
・ウエットティッシュ(汚れた時用なのであれば)

作り方

ポイント1
作業はテーブルが汚れてもいいようにクリアファイルの上で行います。使い終わったら そのまま捨てることもできますし、次回 使用することも可能です。

1 土台となるフォトフレームをクリアファイルの上に準備します。
2 軽量粘土を袋から出してやわらかくなるまでよくこねます。
3 フォトフレームの表側をぐるりと囲むように軽量粘土をボンドで貼り付けます。
4 軽量粘土が乾ききらないうちにデコレーションをスタートします。
5 ボンドでビーズをどんどんピンセットでデコレーションしていきます。

ポイント2
フォトフレームをデコレーションする時は、クリアファイルの上で倒して作業をしますがフォトフレームの下の方にデコレーションをしすぎると立てた時に倒れてしまいます。
時々、立てて確認をします。

ポイント3
デコレーション用に用意するビーズは大きなアクセントになるものがおすすめです。宝石のようにキラキラとした飾りつけを意識すると仕上がりがきれいです。

ポイント4
粘土やボンドで手が汚れます。汚れてもいい服装か、汚れてもいい場所で作ります。

アレンジもアイデア次第

ビーズ以外のクラフトパーツは夏休みに海で拾った貝殻を使うと一気に華やぎます。思い出のつまったフォトフレームが完成します。
※貝殻は100均でも購入することができます

軽量粘土の貼り付けですが、きれいに整えてしまうと味気なくなってしまいます。逆にデコボコとした仕上がりのままの方がデザインに雰囲気が出て素敵になります。
気にせずにどんどん貼り付けて仕上げることで、逆に面白みを演出します。

貝殻とビーズで海の底をイメージしたキラキラとした仕上がりを目指せば素敵な夏の思い出を飾るフォトフレームが完成します。
100均で購入できるスイーツパーツを貝殻のかわりにデコレーションすれば、カラフルなスイーツデコレーションのフォトフレームになります。アレンジ次第でたくさんのフォトフレームが作ることができます。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. 大きめビーズを使ったオリジナルバレッタの作り方3選
  2. ビーズアクセサリー作家になるためにやりたい3つのこと
  3. beads ビーズアクセサリーで使う蝶モチーフ
  4. ワイヤーを使ったキャッツアイビーズのブレスレット
  5. メタルビーズをプラスして作品のクオリティをアップさせよう
  6. ビーズ初心者のためのテグスとTピンの扱い方 ビーズアクセサリーをきれいに仕上げる丸カンとCカンのコツ
  7. ビーズのお花パーツで作る可愛いゆらゆらピアス
  8. beads ビーズアクセサリーで使う糸について大解剖

最近の投稿

PAGE TOP