ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズと100均アイテムでセロハンテープ台をデコレーション

100均で売っている様々なアイテムをビーズを使って工作ができる、簡単な方法で味気ない100均のアイテムもちょっと手を加えるだけで見違えるようにオリジナル作品になります。
夏休みの子どもの学校の宿題である工作としても活用してもらえます。実用的で、かわいいお気に入りの道具を自分の手で仕上げる楽しさをぜひ体験させてあげてください。

作品はビーズをアレンジに使ったセロハンテープ台です。100均のセロハンテープ台にビーズをアレンジします。単にビーズをセロハンテープ台に貼り付けるだけでは面白みに欠けますし、なによりすぐに取れてしまいます。今回のアレンジでは、もう一手間加えてオリジナル感がでるようにしていきます。

オリジナルセロハンテープ台

材料
セロハンテープ台 1台
軽量粘土 もしくは 紙粘土
ビーズ
ボンド
クリアファイル

材料のポイント
・材料は全て100均で揃えることができます
・軽量粘土は、パーツの色を活かすためにホワイトがおすすめですが、カラーのものでもOKです。
・紙粘土でも代用は可能ですが、扱いやすさは軽量粘土の方が楽です。

作り方

ポイント1
作業はテーブルが汚れてもいいようにクリアファイルの上で行います。
使い終わったら そのまま捨てることもできますし、次回 使用することも可能です。

1 土台となるセロハンテープ台をクリアファイルの上に準備します。
2 軽量粘土を袋から出してやわらかくなるまでよくこねます。
3 セロハンテープ台の全面をぐるりと囲むように軽量粘土をボンドで貼り付けます。
 ※底面に粘土は貼りません
4 軽量粘土が乾ききらないうちにデコレーションをスタートします。
5 ボンドでビーズをどんどんピンセットでデコレーションしていきます。

ポイント2
デコレーションする時は、クリアファイルの上で作業をしますがあまり下の方にデコレーションをしすぎると使っている時に不安定になって倒れてしまいます。時々、確認をして倒れないように仕上げます。

ポイント3
デコレーション用に用意するビーズは大きなアクセントになるものにします。宝石のような飾りつけを意識していきます。

ポイント4
粘土やボンドで手が汚れます。汚れてもいい服装で行います。

デコボコのままの方が魅力的です

軽量粘土の貼り付けですが、あまりきれいに整えてしまうと味気なくなってしまいます。逆にデコボコとした仕上がりのままの方がデザインに雰囲気が出て素敵になります。気にせずにどんどん貼り付けてオリジナリティを出します。

また粘土はあまり薄く貼り付けてはビーズがうまく固定されません。粘土の厚みはビーズの半分くらいはあって欲しいところです。思いきってどっしりとしたセロハンテープ台になるように厚みをもたせてください。

できたら乾燥をさせますが、クリアファイルの上でそのまま乾かしてください。クリアファイルを外してしまうと粘土がテーブルなどに、くっついてしまうことがありますので乾燥は必ずクリアファイルの上で行います。
粘土の乾燥には厚みがあるので数日かかります。それまでは粘土を触らないようにしてください。粘土の凹みや、ビーズの落下を招いてしまいます。
工作のアイデアとしてぜひ、役立たせてください。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 初心者でも簡単に作れるビーズとお花パーツのブレスレット
  2. 3月生まれのカラーにこだわったビーズをみつける
  3. beads ビーズアクセサリーで作るねじりネックレスの作り方
  4. メンズにも人気の高いビーズアクセサリーとは
  5. ビーズのモチーフ作りによくあるQ&A
  6. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ ビーズアクセサリー作りに欠かせない留め具の種類
  7. フリーのビーズのレシピ作家
  8. ビーズで作るスパイラルネックレスとハンドメイドで必要なこと ビーズで作るスパイラルネックレスとハンドメイドで必要なこと

最近の投稿

PAGE TOP