ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズのことがもっと知りたい!ビーズの本ランキング

初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ

ビーズを教えてくれる教室がなかなかない。
教室はあったけれど、遠くて通えない。
月謝が高い。

どんなハンドメイドでも、教室がなかったり、あっても通えなかったりと思うようにいかない場合があります。自分の習いたいハンドメイドを思う存分に学ぶことができたとしたらとても幸せです。思うようにはいかないけれどビーズの世界をもっと知りたいと思った時に役立つのはやっぱり書籍です。書店で実物を見て内容を確かめるのが一番ですが、書店にない場合もあります。
Amazonでよく売れているビーズに関する書籍を集めました。

子ども向け

はじめてのビーズ(基礎がわかる!For Kids!!)
寺西 恵理子 著

どの作品もとてもわかりやすい作り方が付いています。平面に編むコツ・立体に編むコツ・テグスの扱い方がわかりやすく説明されています。初めての子ども向きの1冊です。

初心者~中級者向け

基礎から学ぶビーズステッチアクセサリー上・下(レッスンシリーズ)
水野 久美子 著

基本的なステッチの紹介が上下巻でされています。ビーズステッチアクセサリーに作り方がわかりやすい図解で公開されています。基本を学びながら、ステップアップできる本です。

ビーズで作る、クチュールジュエリー III
清水 ヨウコ 著

シリーズのこちは第3弾目になります。ファンが多く、デザイン性にも定評のある作家の本です。天然石のビーズジュエリーですが、センスや作る方法を学べる人気作家の本です。

上級者向け

丸小ビーズでキュンと作る うちのねこ(レディブティックシリーズno.4315)
YuRiy. 著

丸小ビーズを使った立体的なねこの作り方の本です。いろいろな柄やポーズのねこがとってもかわいい本です。オールカラーで作り方の解説がついていますが、上級者向けです。

初心者~上級者にもおすすめ

ビーズの配色がわかる本-ビーズカラーコーディネート(レッスンシリーズ)
大井 義雄 著

せっかくだからきれいな配色で作りたい!その願いを叶える1冊です。いつも作ると似たような配色になる人やできあがった作品に自信がない人など作品作りの参考書になります。

どんな本を選べばいいの?

初心者にとってはビーズの編み図を読んでいてもどこにテグスを通したのかわからなくなってしまいます。できるだけ大きめなレシピが掲載されていることが大前提です。図と写真ができるだけ多い1冊を選ぶことがポイントです。
また専門用語や金具のことが書かれていることも大切なチェック項目です。何度でも再確認したくなるのが基礎用語です。巻末でもいいので基礎中の基礎が書いてあると長く使えます。

アクセサリーに留まらず、動物のモチーフなども作れるビーズの世界は本当に奥が深いものです。犬やねこ、鳥などが作れるようになるとビーズの世界はより立体的に感じられるようになります。手習いのためのバイブルは何冊かに出会わないと、いいバイブルに出会うことができません。
地元の図書館で、難しくても目に付いたビーズの本を借りてみるのも勉強になります。読んでみることで何がわからないのかを知ることができます。
また作り方を動画で配信している人がたくさんいます。こちらも活用すれば、目で見て作業を学ぶことができます。
書籍と動画をうまく利用して、めざせ初心者脱出です。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ビーズのお花パーツで作る可愛いゆらゆらピアス
  2. ビーズと100均アイテムで簡単工作で作るフォトフレーム
  3. 結婚式にも付けられるおしゃれなビーズアクセサリー
  4. ビーズアクセサリーで時計バンドを手作りしてみよう!
  5. ワイヤーを使ったキャッツアイビーズのブレスレット
  6. 子供向けのビーズアクセサリーの作り方
  7. beads トルコ石はビーズアクセサリーに合うのか
  8. beads チャンルーで決めるビーズアクセサリー

最近の投稿

PAGE TOP