ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクサセリー必須アイテムの金具種類のご紹介

ビーズ初心者のためのテグスとTピンの扱い方

アクセサリー作りに欠かせない金具パーツ

ビーズのアクセサリーを作る時に必ずといっていいほど、金具のパーツは必要になってきます。金具のパーツによってアクセサリーに動きが出たり、ボリュームが出たり、より本格的なものになります。たくさんあるので全てご紹介はできませんが、使用頻度の多いものを数種類ご紹介させていただきます。

丸カンとCカン

パーツとパーツをつなぐ時に使います。輪の一部分が切れているので、そこを広げて使います。輪を横に引っ張るのではなく、前後に開いて使います。サイズは極小のものから大きなものまで、たくさんのサイズがあります。アクサセリー作りには小さめサイズが使いやすいです。

Tピンと9ピン

ビーズを通して使います。長さは色々あります。ニッパーで切ってサイズを合わせることができます。丸ヤットコで先を丸めて輪を作り、他のパーツやビーズとつなぎ合わせたりします。動物のモチーフなどを作る時に、お尻の部分から頭に通してストラップにつなぐことで、丸カンでつなぐより、強度が強くなります。

ボールチップとかしめ玉

テグス、ワイヤーなどの処理に使います。ボールチップの中にかしめ玉を入れ、テグスを結んでペンチでかしめ玉を潰して使います。ボールチップにはテグスが通る穴があいています。ボールチップの上の金具を工具でまるめて、丸カン・Cカンなどとつないで使います。

カニカンと引き輪

アクサセリーなどの留め具として使用します。アジャスターなどと一緒に使います。カニカンはかにの爪と似ているところから名前がつきました。引き輪はまる型で、こちらもアジャスターとセットで使ったり、板カンなどにも使いやすいです。

アジャスター

ネックレス・ブレスレットなどのアクセサリーの長さ調節のパーツとして使います。ちいさな鎖がつながったようなもので、ほしい長さを切り売りしてもらえることが多いです。

座金

丸型のビーズにかぶせて使います。パールビーズや丸型のビーズに使うと豪華さが全く違います。大きさも色々あるのでビーズのサイズに合わせて使用して下さい。

シャワー台

リング・ブローチ、ペンダントなどに使うとボリュームがある豪華なものが出来上がります。台にあいている穴にテグスやTピンなどでビーズを固定して使います。

ピアス金具とイヤリング金具

イヤリング・ピアスが簡単にできます。金具についている小さな穴にビーズで作ったものを、Tピンや丸カンなどでつなげるだけです。金具のデザインもたくさんあるので、選ぶのも楽しそうです。

テグス・ワイヤーなどのご紹介

最後にビーズアクサセリーによく使うテグスワイヤーなどを少しだけご紹介しておきます。

テグス

テグスはみなさんご存知ですね。テグスはなるべく品質のよいものを選びましょう。アクセサリーは切れやすいものです。品質のよいテグスでしっかりと作りましょう。

ワイヤー

細いものは柔らかく折り曲げやすいので、形などが作りやすく、ビーズを通すだけで簡単に好きな形ができます。

クラフト用のゴム紐

伸び縮みするのでブレスレットなどに使うことが多いです。ゴム紐なので少し太めになります。穴の大きめのビーズに使ってください。子供でも簡単に作品ができます。

金具を上手く使用して本格的な作品に仕上げてください。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 輝くイエロー・ゴールド色の天然石ビーズの種類 
  2. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 初心者でも簡単に作れるビーズとお花パーツのブレスレット
  3. お気に入りの布とビーズで作る簡単な小物
  4. 結婚式にも付けられるおしゃれなビーズアクセサリー
  5. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 安らぎのグリーン系の天然石ビーズの種類
  6. beads アンティーク風のビーズアクセサリーは自分で作れるのか
  7. 12月ビーズのカラー 増えすぎたビーズを綺麗に収納する5つの方法
  8. フルーツを使ったビーズアクセサリーの作り方を一挙ご紹介!

最近の投稿

PAGE TOP