ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリーがなかなか売れない時は

beads

ハンドメイドのショップでアクセサリーを販売する人は、スマートフォンの普及による手軽さから年々増えています。

プロでなくとも自分の作品を発信して多くの人に見てもらうことができるのですから我々一般人にとってはとてもありがたい世の中になっていますね。
しかしいざ沢山作品を作ってサイトやアプリに載せても、思ったより反響が少なく売り上げが出ない時もあります。
一体何が原因で売れないのでしょう。この記事では作品が売れない時に見直してほしい大切なことを挙げますので、皆さんも確認してみてください。

まずは価格設定から

作品を作ったらまず決めることはここになると思います。大切なのは、自分ならこの作品にいくら出せるかです。
お客さんはほとんどの場合予算を決めて商品を選びますので、よっぽど気に入った作品でない限り予算を上回ってでも手に入れることは無いでしょう。

しかし作る側にも材料費と時間をかけて制作しているという事実はありますが、最初のうちは利益を出せると期待しない方がいいかもしれません。
作るのにも手間と時間がかかり、材料費も決して少なくないのでは、割に合わないどころか大幅に損をしてしまいます。特に時給に換算するのはやめましょう。モチベーションも下がってしまい、創作意欲がなくなってしまいます。
本格的に販売する前に、試験価格で売り出してみるのも一つの手です。アクセサリー販売は趣味でやっているんだと割り切らないとやっていけない分野ではあります。

自己紹介や作品の詳細について

これらをおろそかにしていたら、どんなに作品が素晴らしくて欲しいと思っても買うのをためらってしまいます。
例えば、自己紹介欄には「よろしくお願いします」の一文だけなのはNGです。案外このようなところもお客さんは見ているのです。
逆に言えば、お客さんはほとんどの場合そこでしか製作者について知ることができないのですから、詳しくチェックするのは当然の事。
自分が買う立場ならどんな情報が知りたいかを一度考えてみて自己紹介を書いてみましょう。

そして重要なのが、言葉遣いも丁寧な方が気持ちよくページを見ていただけます。当たり前のことですが、説明文をよく見たらキツイ口調になっている方などを見かけることはあります。
商品を自由に選んで購入できるのですから、似たような作品ならば当然優しい口調の方から買ってしまうでしょう。
自分の意思を文字だけで伝えるので難しいかもしれませんが、売り上げに大きく関わる大事なところなので、そこはしっかりと確認してみてください。

写真と文字でしか伝えられない

ハンドメイドアクセサリー以外でも言われていることですが、作品の細かいところは文字と写真でしか伝えることができません。
適当な場所に作品を置いて、特に光の当たり具合なども気にしないで写真を撮っている状態ならば、そこは改善しましょう。
オークションでも写真を買わせるように撮ることはテクニックの一つで、売り上げアップの基本的な知識です。
自分が出す商品の売り上げを上げるためには、などの内容の本も数多く出版されていますが、中々侮れないもので物を販売している方には是非一度見てほしい内容でした。
もちろん写真の撮り方についても様々な手法が載っていますよ。例えば、自作で撮影ボックスを作ったり、少しの編集で劇的に良く魅せる方法などがわかるので一冊持っていてもいいかもしれません。

さいごに

今の自分に当てはまっていた項目はありましたか?全体的に見て大切なことは「お客さん目線で商品について考えてみよう」ということですね。
自分の印象や作品の詳細、値段についてなど買う側にとっては重要なものです。今一度自分の出品スタイルを見直してみましょう。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ビーズ初心者のためのテグスとTピンの扱い方 ビーズアクセサリーをきれいに仕上げる丸カンとCカンのコツ
  2. 透かし蝶を使ったビーズアクセサリー作りをしてみよう
  3. ビーズアクセサリー作りに必要な基礎道具と材料10選
  4. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ ビーズアクセサリー作りに欠かせない留め具の種類
  5. ビーズと100均アイテムでセロハンテープ台をデコレーション
  6. beads ビーズアクセサリーの基本、糸の始末はどうする
  7. フルーツを使ったビーズアクセサリーの作り方を一挙ご紹介!
  8. ビーズと100均アイテムで簡単工作で作るフォトフレーム

最近の投稿

PAGE TOP