ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリーでネックレスを作るときの部品とは

ネックレス作りに必要な部品とは

ネックレスを作るにはさまざまな種類の部品が必要になります。どんな部品をどんな場合に使うのか部品の種類と共に紹介していきましょう。

ピン類

Tピンと9ピンがあり、Tピンの先がデザインされたものなどもありますが基本はこの2つです。TピンはアルファベットのTのように見えるのでTピンと言いますが、ピンの先端が潰してありビーズを通すとそこで留めることができます。通したピンは丸ヤットコで丸めて様々な場所にぶら下げて使います。9ピンとはピンの先が丸めてあってビーズを通すことでさまざまな場所に丸カンなどを使い繋げることができるピンです。ネックレスを作るときにはTピンを使ってチェーンにビーズをぶら下げたり、9ピンをチェーンとチェーンの間に挟んだり、9ピン同士をつなぎ合わせてネックレスにすることもできます。

エンドパーツ

エンドパーツとは端の処理をする部品です。ネックレスで言うとボールチップや潰し玉、カシメキャップやひも留め、チェーンエンドやU字金具などがあります。ボールチップは潰し玉や結び目を隠す役割をする部品で潰し玉とはテグスなどを通してからペンチで潰してビーズが抜けないように端を処理できる部品です。カシメキャップやひも留めは革紐やリボンなどを使って作った場合に使います。チェーンエンドはチェーンの端を留めるもの、U字金具はボールチップの代わりになる部品です。

留め具

ネックレスを作るときには欠かせない部品です。ヒキワやカニカン、板ダルマ、アジャスターなどが良く使われますが、他にもデザイン的なクラスプ、シンプルなニューホックなどを使うこともあります。ヒキワやカニカンはバネ式のツメを開いて引っ掛ける部品で板ダルマやアジャスターが受けになります。クラスプやニューホックは着脱が簡単にできますがやや高価です。作りたいデザインに合わせてしっかり吟味して選びたい部品です。

丸カン

丸カンはさまざまなものを繋ぎ合わせる万能な部品です。ヤットコやペンチを2本用意して両方の端をつまんで外に向けて倒すことで開くことができます。力任せに横に広げてはいけません。

座金

座金は花座やキャップとも呼ばれ、クリスタルビーズやパールビーズの上に被せるように使います。Tピンを使ってビーズの上に取り付けるのが一般的ですが工夫次第では面白い使い方もできます。透かしのあるものがほとんどですが、上部に穴の開いているだけのものもあります。

連バー

連バーとは2連や3連などネックレスを連ねて作りたい時に使う部品です。ボールチップのツメを引っ掛けたり、U字金具を丸カンなどで取り付けたりします。1つのボールチップの中にすべてのテグスなどをまとめて作ることもできますが、やはり連バーを使うとスッキリと取り付けられます。存在感のあるネックレスが作れる部品です。

まとめ

いかがでしたか。ネックレスを作るためにはこうしたさまざまな部品を使って作ることがお分かりいただけたのではないでしょうか。ここに挙げた部品以外にもネックレス作りに使える部品は多くありますが、基本的な部品は上に挙げた通りです。これらの部品を使って世界に1つしかないあなただけのネックレスを作ってみてください。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. ビーズでリングアクセサリーを作る方法
  2. 丸いチェコビーズのハンドメイドピアス
  3. beads ビーズアクセサリーを作る上でのニッパーの役割
  4. マグネットビーズパーツを使った豪華2連パールブレスレット
  5. 初心者からレベルアップしてかわいいブレスレットを制作
  6. 透かし蝶を使ったビーズアクセサリー作りをしてみよう
  7. ビーズの保管方法のアイデア集
  8. 手作りでも素敵に見えるビーズアクセサリーのポイント

最近の投稿

PAGE TOP