ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリーで作るねじりネックレスの作り方

beads

様々なビーズがちりばめられたスパイラルネックレス(ねじりネックレス)は、色とりどりで鮮やかですが、無彩色のものが少ないのでファッションと合わせるのが難しいです。

それならば、自分で作って揃えてしまえばいい!今回は簡単に作れるスパイラルネックレスをご紹介いたします。

必要な材料は

まず、どんなイメージに仕上げたいか決めていただいて、そこからビーズの色を選んでいきましょう。別の系統の色を何色も使うのはおすすめできません。
最後にはねじって一つのネックレスとしてまとめてしまうので、3色ほど用意すれば十分です。
例えば、淡いふわふわした雰囲気にしたいのならば、ピンク+黄緑+白または透明のビーズを。爽快なイメージにしたいのならば、青+水色+白または透明のビーズが良いでしょう。明るい色でまとめたいのならば、黒は避けた方がいいかもしれません。
用意するビーズの大きさにも気を付けましょう。ばらつきがある方がより存在感を出すことができます。
このようなネックレスを自作する際は、市販のミックスパックが大変役立ちます。テーマによって色・大きさもまちまちなため、興味のある方は是非一度ショップでお探しください。

ビーズ以外の必要な材料は、内径10mm程度の丸カン二つとアジャスターを一つ。テグスは長めに用意してください。およそ120cm×3つ分は使用することになります。

肝心の作り方

分かりにくくなってしまうため、ここではピンク+黄緑+白・透明のビーズを使うと仮定してご説明いたします。
まず、一つのテグスにピンク系のビーズを通しましょう。あまり同じビーズを連続して使わないように注意!大きいビーズを濃い色にしたり工夫やアレンジを加えましょう。
100cmほどの長さまでビーズを通したらテグスを輪のように結びましょう。この工程を残り二つのビーズでも続けます。もちろん色の順番などは変えても構いません。

三色のビーズが出来上がりましたら、それぞれを同じ方向にねじりましょう。ねじれたらその3色を一つにまとめ、丸カンに通して閉じてください。
3色のねじりをキープしたまま先ほどねじった方の反対方向へ編み込みましょう。ここを同じ方向にねじってしまったらほどけてしまうので注意しましょう。
そこまで出来ましましたら、反対にあるビーズの輪も丸カンで閉じてください。丸カン同士をアジャスターで繋げて完成です。

スパイラルネックレスの基本的な部分はこの方法で十分に作ることができます。
アジャスターの部分も自作することもできますので、その場合は9ピンや丸カン、別途にビーズをご用意してお試しください。

使う色やビーズの種類によって印象が180度変わりますので、様々な種類のビーズで試してみてください。
例えば青系でまとめたいのならば、貝殻のチャームなど一つ混ぜ込めば雰囲気は一気に夏に変わり、良いアクセントになりますよ。

さいごに

スパイラルネックレスは比較的簡単に作成することができるビーズアクセサリーですので、まだ初心者だという方は是非挑戦していただきたいネックレスです。
インターネットの情報だけではわかりにくいという場合には、一度市販のものを買ってじっくり研究してみることも上達の一歩に繋がります。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ブレスレットからピアスまで自分で作れるビーズの種類
  2. ビーズ初心者のためのテグスとTピンの扱い方 ビーズアクセサリーをきれいに仕上げる丸カンとCカンのコツ
  3. beads 自分でビーズアクセサリーをリフォームする方法
  4. beads ビーズで作ったミサンガをアクセサリーとして作る方法
  5. ビーズアクセサリーの資格取得3つのメリット
  6. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 涼しげなブルーの天然石ビーズの種類
  7. 天然石で作るさざれ石のビーズブレスレット
  8. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ こだわりのスワロフスキービーズで作るネックレス

最近の投稿

PAGE TOP