ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリー作りで作成できる指輪とは?

種類について

・輪の部分から飾りの部分まですべてビーズで作った指輪
シードビーズにスワロフスキーなどのカットビーズやファイヤーポリッシュなどのトルコビーズなどを組み合わせてすべてビーズを使って作る指輪はハンドメイド感のある温もりを持った仕上がりになります。

・シャワー台で作るゴージャスな指輪
パールビーズや大ぶりのカットビーズにビジューなどを組み合わせて作る指輪は細かい穴のあいたシャワー台を使って作ります。パーツが大きいのでかなりゴージャスで存在感のある指輪を作ることができます。

・チャトンと一緒にビーズを使ったグルーデコの指輪
土台の指輪にグルー樹脂を貼り付けそこにガラスビーズやパールビーズと共にチャトンを埋め込んで作るグルーデコの指輪は簡単で出来上がりが上品です。

すべてビーズでできた指輪の作り方

すべてビーズで作る場合は飾り部分を作った後にリングの部分を作って仕上げますが、今回は簡単にできるリングのみで花の指輪を作ってみましょう。

『材料』
・シードビーズ2種類
・テグス
・ハサミ
・接着剤

『材料』
1.テグスを適量用意して中心にシードビーズ6個を通します。そのあとに花の花芯になる色違いのシードビーズを1個用意してテグスを2本とも一緒に通します。

2.一緒に通したテグスを左右に開き1で通した6個のシードビーズの内の左右2つずつにそれぞれ下側からテグスを通します。

3.通し終えたら、片方のテグスに花びらのシードビーズを2個通したら反対側からもう片方のテグスを通して引き締めます。

4.これで1つ目の花が編めました。次からは2個のビーズをまず左右からテグスで通して、左右のテグスにそれぞれ2個ずつビーズを通し、花芯用のビーズ1つに2本のテグスを通し先程通した2個の花びらのビーズに通していきます。

5.あとは3と同じ要領で最後の花びらを2つ編んだら4を繰り返し編んで長くします。

6.指の周りの長さ分編み終わったら最後のテグスをはじめの花びらの2個にテグスを両方から通して花芯の部分までテグスを通して玉止めしてテグスを切り接着剤を塗って切り端をビーズの中に入れて仕上げましょう。

シャワー台を使った指輪の作り方

シャワー台にテグスでビーズを取り付けて作っていきます。テグスをしっかりと引いて緩まないように注意しましょう。

『材料』
・パールビーズ
・シードビーズ
・ビジュー
・リボン
・シャワー台
・ペンチ
・ハサミ
・接着剤

『材料』
1.シャワー台の裏からテグスを通し最後の処理のためにテグスを少し残してからシャワー台の周りにぐるっとパールビーズを取り付けます。

2.1周したら次はシードビーズを何個か通してパールとパールの間に線状に取り付けていきます。1週したら残しておいたテグスと結んで留めます。

3.次に中央にビジューを取り付けます。オーバル系のものより丸い形のビジューの方が収まりが良いです。

4.ビジューとパールビーズの間にリボン結びをした細身のリボンをテグスに通してから取り付けます。

5.裏でテグスを結んで留めたら結び目に接着剤を塗ってシャワー台を指輪の台に取り付けてペンチを使って爪を倒して取り付ければ完成です。

※リボンを作ったらほどけないように結び目の裏をボンドで留めておくといいでしょう。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ビーズアクセサリーで使うつぶし玉の使い方
  2. ビーズをこぼしてしまった時の対処法
  3. ビーズより簡単なファーアクセサリーのパーツのご紹介
  4. たくさんのビーズを購入する方法
  5. バッグの持ち手につけるスワロビーズのチャームアクサセリー
  6. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ ビーズアクセサリー作りに合わせるとすてきな素材について
  7. ブレスレットからピアスまで自分で作れるビーズの種類
  8. ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタの作り方 ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタ…

最近の投稿

PAGE TOP