ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリー作りで使うターコイズとは

ターコイズの原産地

ターコイズとは和名をトルコ石と言い、青色から緑色まで幅広い色合いを持つ鉱物です。ターコイズを使った装飾品の歴史は古く、古代エジプトやメソポタミアなどで珍重されていました。このターコイズの原産地はイランやシナイ半島で中でもシナイ半島の採掘は3000年ほど前から行われていました。アメリカにも先住民が採掘していた痕跡があり、今でも採掘がおこなわれている有数の原産地と言えます。

ターコイズの魅力

ターコイズは12月の誕生石とされていてパワーストーンの効果としては、勇気と行動力をもたらしてくれるため物事に対して積極になれたりストレスを発散させてくれる作用があるので感情を鎮めることができるなどの効果があるとされています。またターコイズの独特の色合いは石によって千差万別で薄い水色のものから深い緑がかったものまであり、この色は石の中に含まれる銅や鉄の含有量によって変わってきます。中には黒や茶色の葉脈状の形をした模様が入っているものもあり、オンリーワンの宝石とも言えます。

ターコイズに合わせたい素材

エジプトの文化やアメリカの先住民が使用していた歴史からオリエンタルな面とインディアンの装飾品としてのイメージの強いターコイズですが、どんな素材と相性が良いのかを挙げてみましょう。

・シルバー/ゴールド
やはり一番の相性の良さでいくとシルバーやゴールドなどの金属類です。マットな雰囲気のターコイズには輝きのある金属製のビーズやパーツが良く合います。シルバーは特にアンティーク調に見せるためのエイジング加工をすればターコイズと一段と合います。

・オニキス
ターコイズの独特の青に合うのは黒い宝石であるオニキスです。深く輝きのあるオニキスとは相性抜群です。

・赤珊瑚
赤い珊瑚の深紅色は青いターコイズととても相性が良いです。お互いを引き立て合う組み合わせと言えます。オレンジがかったような朱色の珊瑚との相性も抜群です。

・ウッドビーズ
ウッドビーズは木の温もりある質感とその色がターコイズの青とお似合いです。茶色いビーズといえば他にもレッドタイガーアイやブロンザイトなどがあります。茶色い宝石との相性もとても良いです。

・麻ひも/革ひも
ターコイズを使ってブレスレットやネックレスを作るときには麻の繊維質な質感や革ひものナチュラルな質感がしっくりときます。

ターコイズのビーズを使ったピアスの作り方

オリエンタルなターコイズのピアスを手作りしてみましょう。

『材料』
・ターコイズのビーズ
・赤いビーズ(透明感のない物がおすすめ)
・シャンデリアパーツ
・ピアスのパーツ
・丸カン
・Tピン
・丸ヤットコ
・ペンチ
・ニッパー

『作り方』
1.Tピンにターコイズのビーズを1つ、赤いビーズを2つ順番に通してピンの先を丸ヤットコで丸めます。
2.1をシャンデリアパーツの穴の数だけ作り穴に引っ掛けていきます。ビーズのサイズが小さくてボリューム感に欠けるときは1つの穴に2つのTピンをかけるといいでしょう。
3.付け終わったらシャンデリアパーツを丸カンを使ってピアスのパーツに取り付ければ完成です。

さいごに

ターコイズは他の宝石に比べると輝きが少なく地味に見えるかもしれませんが、アクセサリーとして身に付けることで深みのある装いができますし、組み合わせ次第では華やかなアクセサリーを作ることもできます。ぜひターコイズを使ってビーズアクセサリー作りを楽しんでください。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ビーズアクセサリーでネックレスを手作りする
  2. ビーズ刺繍 セリアの100均ビーズで作るキュートすぎるピアス3点
  3. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 自信を与えるブラック・ブラウンの天然石ビーズの種類
  4. ビーズアクセサリーに適しているテグスの号数を解説
  5. beads 100円ショップの材料だけでビーズアクセサリー・チョーカーを制作…
  6. メタルビーズをプラスして作品のクオリティをアップさせよう
  7. キャッツアイビーズで作る可愛いハートのネックレストップ
  8. スワロフスキークリスタル スワロフスキービーズのチャームアクセサリー用パーツ

最近の投稿

PAGE TOP