ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリー作りに合わせるとすてきな素材について

100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ

ビーズに合わせたい素材

ビーズアクセサリーを作るときにはビーズ以外にさまざまなものと組み合わせて作ると面白味のあるアクセサリーを作ることができます。ではどんな素材があるのか見ていくことにしましょう。

リボン

リボンは柔らかい質感を持つので硬い素材であるビーズとは対照的で組み合わせることによって面白味が増します。ネックレスの胸元部分にはビーズを使い、そこから首にかけてはリボンで作られたネックレスは女性らしさをより強調してくれます。首の後ろで蝶結びにするように作るととても可愛いですよ。

革紐

革紐は男性っぽい重たいイメージのある素材ですが、ビーズと組み合わせることによって軽やかな雰囲気をまといます。チャンルーなどはその代表でおしゃれ度が増しますし、個性的な雰囲気が強くなります。革紐にはガラスビーズの他にウッドビーズや天然石のビーズとも相性が良いです。

メタル製品

チャームやロンデルなどのメタル製品はビーズを引き締めてくれる役目があります。留め具やピンなどにも多くのメタル製品を使いますからメタル製のパーツを使うことによってよりかっちりとした都会らしい雰囲気が醸し出されて高級感が増すのも特徴です。

麻ひも

麻ひもはメタル製品とは逆にナチュラルな雰囲気を出したいときに組み合わせます。麻は涼し気に見えて夏によく合うので、アンクレットを作るのにも最適です。真夏の砂浜を素足で歩く時にポイントになります。ネックレスやブレスレットを作る際は極力メタル製の留め具は使わずに長さを調整できるように工夫したり、木製のボタンを使って留めるようにすると統一感が出ます。

毛糸

編んだ毛糸にビーズを縫い付けたり、リボンや紐が編み込まれたブレークヤーンと呼ばれる毛糸をビーズと組み合わせておしゃれなピアスを作ったりとビーズに毛糸を合わせても面白みのあるアクセサリーが作れます。コットン100%の毛糸を使うとより合わせやすくソフトな雰囲気がビーズによく合うようになります。コットンの毛糸を使ってビーズを編み込んだシュシュなどもすてきです。

刺繍糸

刺繍糸は布や紙にビーズとともに縫い付けて刺繍をすることもできますが、アクセサリーとして使う場合はミサンガの材料として用いることが多くミサンガにビーズを編み込んで作ることもでき相性はとても良いです。カラフルな色が揃っているのでビーズとの組み合わせもポップ調に明るくしてもいいですね。

フェザー

フェザーはビーズと組み合わせてピアスを作ったりネックレスを作ったりすると素敵です。フェザーの形をしたシルバーパーツを用いたネックレスはよく見かけるかと思いますが、本物の羽根を使って作るアクセサリーは軽やかさが加わり、民族的な雰囲気やオリエンタルな雰囲気を持つ個性的な装いにぴったりなアクセサリーになります。ビーズとの相性も良く羽根の色に合わせたビーズを用いれば洗練されたおしゃれなアクセサリーを作ることができます。

さいごに

ビーズだけで作るのもすてきですが、こうした異素材との掛け合わせでまったく違った表情をみせてくれるのもビーズの面白いところです。ぜひ、さまざまな素材と組み合わせて面白味のあるおしゃれなビーズアクセサリーを作ってみてください。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. 3月生まれのカラーにこだわったビーズをみつける
  2. ビーズアクセサリーで使う留め金具の留め方
  3. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ ビーズアクセサリー作りで使う丸カンについて
  4. ビーズアクセサリーに必要な道具
  5. 初心者ビーズ講座!もっと知りたいヴェネツィアンビーズ
  6. 100均ビーズをかわいくするアレンジ法6選
  7. 宝石のような輝きスワロフスキービーズの魅力とは
  8. beads アンティーク風のビーズアクセサリーは自分で作れるのか

最近の投稿

PAGE TOP