ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリー作りのちょっと困ったを解決

ビーズアクセサリー作りをしていると、作業中にテグスが絡まったりうまくビーズを通せなかったり、作業がスムーズに進まないことも珍しくありません。そんなビーズアクセサリー作りの時の『ちょっと困った』を解決するワンポイントアドバイスを紹介します。ほんのちょっと手間をかけるだけで驚くほど作業がスムーズに進み、さらには仕上がりまでも綺麗になるのです。テグス、ビーズ、作業の3つに分けて、解決法を紹介します。

テグスの困ったを解決するには

◎テグスの巻きぐせがひどい

テグスは販売されているときは円形のケースに巻き付けられています。テグスの量が多い時はさほど気になりませんが、量が少なくなってくると巻きぐせがどんどんきつくなり、テグスをうまく扱えなくてイラッとしてしまうことも少なくありません。そんな時は、必要な量のテグスをカットしたら、ぬるま湯につけるか熱いお湯から出る蒸気に当ててみてください。程よい熱を加えることでテグスの巻きぐせを簡単に取ることができます。

◎テグスが途中で足りなくなった

アクセサリー作りをしていると、途中でテグスが足りなくなって困ってしまうこともあるでしょう。必要なテグスの目安は出来上がり寸法の1.5倍から2倍ですが、ビーズの大きさや編み方によっては足りなくなってしまうこともあります。余分にテグスを用意してから作業を進めることが大切ですが、どうしてもというときは一度結んで始末をし、新しいテグスを使って問題ありません。

ビーズの困ったを解決するには

◎ビーズにテグスが通らない

ビーズの穴にばらつきがあり、穴にテグスが通らないことがあります。そんな時はテグスを斜めにカットしてみてください。穴に塗料が詰まっている場合は爪楊枝などを使って穴を貫通させてから使用しましょう。

◎ビーズの数が多すぎた

ビーズを多くテグスに通してしまいあとから気が付いた、なんてこともあるかもしれません。多く入れてしまった場合はビーズをペンチで割ってしまえばビーズの数を減らすことができます。この時にテグスまで切ってしまわないように気を付けましょう。ビーズが少なかった場合は、残念ですがその場所まで戻って作業のやり直しです。

作業の効率化アップのポイント

◎ビーズが外れる

作業をしていると、ビーズが反対側から抜けてしまうということもよくある話です。それを防ぐには、反対側にテープを貼ったり洗濯ばさみで留めておくだけで解決することができます。

◎ビーズが転がる

ビーズをテグスに通そうとしてもビーズが転がってうまく通せないというときは、ビーズトレイを使いましょう。ビーズトレイでなくても小さなお皿でも問題ありません。トレイの底にフェルトなどを敷くと、さらにビーズが転がりにくくなり作業効率をアップさせることができます。

ちょっとしたことで困ったを解決

今回紹介した『困った』は、ビーズアクセサリー作りの初心者にはありがちなことばかりです。ちょっとした手間をかけたり気を付けたりするだけで、ぐんと作業効率をアップさせることができます。作業中のイライラがなくなれば、もっとビーズアクセサリー作りが楽しくなり、作品作りにも力が入ります。作業効率をアップさせて、ビーズアクセサリー作りを楽しみましょう。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. beads ビーズアクセサリーで使う丸カンを解説
  2. 7月の誕生カラーをビーズで選ぶ
  3. ビーズ刺繍 ビーズパーツのファーを使った大人可愛いヘアゴム
  4. 初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ ビーズアクセサリーを作ろう!基本のネックレスの作り方
  5. チェコビーズとスワロフスキーパールで作る愛されピアス
  6. ビーズで贈る1月の生まれた日ごとの誕生カラー
  7. beads アンティーク風のビーズアクセサリーは自分で作れるのか
  8. beads 100円ショップの材料だけでビーズアクセサリー・チョーカーを制作…

最近の投稿

PAGE TOP