ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリー作家になるためにやりたい3つのこと

ハンドメイドブームにより、多くの作家さんがハンドメイド作品の販売を楽しんでいます。ビーズアクセサリー作りが趣味だという人も増え、今まさにビーズアクセサリー作家を目指しているという人もいるのではないでしょうか。しかし「どうやったらビーズアクセサリー作家になれるのだろう」「ビーズアクセサリー作家になるには何をしたらいいのだろう」と思っている人もいるかもしれません。そこで今回は、ビーズアクセサリー作家になるためにやっておきたい3つのことについて紹介します。

まずはビーズの知識を身につけよう

ビーズアクセサリー作家になるためにやっておきたいことの1つ目は、ビーズの知識を身につけることです。ビーズアクセサリーを作る手順は知っていても、ビーズの種類や色、ビーズアクセサリーづくりに関する基礎スキルなど、説明するほど詳しくない、という人も少なくありません。ビーズアクセサリーを販売するときに、購入を検討している人に何か質問されることがあるかもしれません。「購入したい」と思ってもらえるような返答をするには、ビーズの知識をしっかり身に着けていることは大きな強みとなります。ビーズの素材そのものに関する知識、技術に関する知識など、バランスよくビーズについて学んでおいて損はありません。

販売に関する知識を身につけよう

ビーズアクセサリー作家になりたいということは、販売することを目指しているということだと認識します。ハンドメイド作家も駆け出しのころは売り上げは少なく、1つ売れるたびに達成感を味わうということが多いでしょう。しかし販売数が増えてくると、売上金の取り扱いや収入と支出のバランスなどを考えなくてはいけません。顧客が増えるということは、それだけ販売に関するトラブルのリスクも高まるということです。販売は経験を積んでいくことも大切ですが、販売に関する知識をある程度身に着けておくことで、トラブルをうまく回避することもできるようになります。経営セミナーなどに参加してみるのもおすすめです。

イベントに参加して経験値を積もう

誰でも初めは何もわからないところからのスタートです。今は売れっ子のハンドメイド作家さんであっても、初めのころから売れっ子である人はほとんどいません。多くの売れっ子作家さんたちは、駆け出しのころはとにかくイベントに参加して経験値を積んだ、という人が多いのです。イベントに参加することで、ほかの作家さんとのコミュニケーションを楽しむこともできますし、実際に手に取って作品を見てもらうことで、お客さんが求めているものを実際に感じることができます。価格設定やデザイン、サイズなどは、実際に話を聞いてみないと気付けないことも多いのです。どんどんイベントに参加して、経験値を積むことが3つ目のポイントです。

自分が楽しむことが大切

ビーズアクセサリー作家になるには、特に資格などは必要なく誰でもなることができます。もちろん資格取得もひとつの方法ですが、何よりも大切なのは作品に自分の思いを込め、楽しんでハンドメイドに取り組むということです。ハンドメイド作品で求められているのはぬくもりやオリジナリティなので、コンセプトを大切にして自分らしい作品作りをすることが大切です。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 輝くイエロー・ゴールド色の天然石ビーズの種類 
  2. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ パールビーズとサテンリボンの上品ブレスレットの作り方
  3. ビーズアクセサリーの金属パーツ ビーズのハンドメイドアクセサリー用工具のご紹介
  4. 100均ビーズを使ったキラキラかわいいビーズシュシュの作り方
  5. 大人向けアクセサリーにアレンジしたアイロンビーズの作り方
  6. ビーズ刺繍 ビーズパーツのファーを使った大人可愛いヘアゴム
  7. 透かし蝶を使ったビーズアクセサリー作りをしてみよう
  8. 自分で作りたいを叶えてくれるビーズキットでアクセサリー作り

最近の投稿

PAGE TOP