ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリー初心者におすすめ3連ブレスレットの作り方

「ビーズアクセサリーは初めてだけど、ちょっとだけ本格的に見えるものを作りたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。少ない材料で、そしてお気に入りのビーズを使って作ることができる3連ブレスレットは、おしゃれで普段使いもしやすいアイテムです。ワイヤーとビーズ、接着剤だけで作ることができるので、ビーズアクセサリー作りが初めてという人にもおすすめです。ビーズアクセサリー初心者でも簡単に作ることができる、3連ブレスレットの作り方を紹介します。

3連ブレスレットに必要な材料

・20ゲージのワイヤー・・・手首3週分の長さ

・お好みのビーズ・・・お好みの数

・片穴ビーズ・・・ワイヤーと同系色のものを2個

・接着剤

・爪楊枝

3連ブレスレットで使う材料は上記のものたった5つです。ここでは20ゲージのワイヤーを用意していますが、ビーズの穴が大きい場合は16ゲージのワイヤーを使うことも可能です。16ゲージのほうがしっかりしているので、ブレスレットにしたときに変形しにくいのでおすすめです。ビーズは好きな大きさのものをお好みの数だけ用意してください。コットンパールやビジュー、星やハートのモチーフビーズなどを組み合わせるとスタイリッシュでインパクトのあるブレスレットに仕上がります。片穴ビーズが見つからない場合は、ワイヤーと同系色の3mmほどのビーズを用意し、片方の穴を接着剤で埋めてから使用してください。手芸店などでは、ワイヤーブレスレットのキットが販売されていることもあります。ワイヤーと片穴ビーズがセットになっているのでお手軽です。

3連ブレスレットの作り方

1.ワイヤーを手首のサイズに合わせてカットします。

2.片方のワイヤーの端に接着剤をつけ、片穴ビーズを刺して乾かします。

3.反対側のワイヤーの端からお好みのビーズを好きな順番でワイヤーに通していきます。

4.ビーズをすべて通し終わったら、手順2と同様にワイヤーの端に接着剤をつけて片穴ビーズを通します。

5.接着剤が完全に乾くまで半日から1日ほど乾かしたら完成です。

ビーズの色や大きさ、通す順番でブレスレットの雰囲気をがらりと変えることができます。また、手順はワイヤーにビーズを通すだけで簡単に作ることができるので、ビーズアクセサリー作りが初めてという人もさほど難しさを感じないはずです。

3連ブレスレットの作り方のポイント

ワイヤーブレスレットを作る際、ワイヤーが綺麗に丸まらないということがあります。ワイヤーは丸まった状態で販売されていることがほとんどです。適当な長さにカットしたら、手首ほどのサイズの筒にワイヤーを通し、両端から軽く引いて輪を小さくしてください。片穴ビーズで端を留めてしまうとやり直しがききません。一度すべてのビーズを通し終わったら腕にはめてみて全体のバランスを見るといいでしょう。色合わせが難しく感じる場合は、コットンパールとゴールドのビーズの2種類で挑戦してみてください。ぐっとオシャレ度がアップします。

いろいろなビーズでオリジナルアクセサリー

ビーズの数を増やせばボリューミーなブレスレットができますし、ワイヤーの巻きを増やして5連にしたりシンプルに1連にしたりすることもできます。アレンジの幅が広く簡単に作ることができるので、たくさん作ってお友達にプレゼントしても喜ばれます。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. 初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ メンズのブレスレットも作れるビーズアクセサリーの魅力
  2. サクランボのビーズキーホルダー
  3. ビーズアクセサリー作りに必要な基礎道具と材料10選
  4. 今、身に着けたい流行りのビーズアクセサリーってどんなもの?
  5. ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタの作り方 大人気のビーズのヒトデピアスパーツのご紹介
  6. beads アンティーク風のビーズアクセサリーは自分で作れるのか
  7. ビーズと100均アイテムでデコレーションペンシルを作る
  8. スワロフスキービーズのパールネックレスとイヤリング

最近の投稿

PAGE TOP