ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズアクセサリー初心者必見ビーズは素材にも注目

10月ビーズカラー

カラフルで見ているだけでも楽しくなるビーズ。ビーズを使ってアクセサリーを作ってみたいけど、細かい作業が多く難しそうと感じている人も少なくありません。実はビーズはいろいろな素材で作られていて、その種類は豊富です。ビーズアクセサリー初心者なら知っておきたい、ビーズの素材について紹介します。どんな素材のビーズを使ってアクセサリーを作るか、参考にしてみてください。

高級感のあるきらめきが魅力のガラスビーズ

光にあたると絶妙な輝きときらめき、そしてツヤ感が高級感を醸し出してくれるのがガラス製の『ガラスビーズ』です。ガラスビーズの代表というと、『スワロフスキー』や『チェコビーズ』、『ベネツィアンビーズ』ではないでしょうか。特にスワロフスキーの名前を聞いたことがあるという人も多いでしょうが、ビーズの中でもガラス製のビーズは高級なものとして扱われています。日本製だと『MIYUKI』や『TOHO』が特に有名で、カラーやサイズのバリエーションが豊富なことが魅力です。

扱いやすいのはアクリルビーズ

100円ショップなどで販売されているビーズの多くは、アクリル製の『アクリルビーズ』です。見た目はガラス製のビーズと似ていますが、とても軽いことが特徴です。安価なうえに扱いやすいアクリル製のビーズは、ビーズアクセサリーの入門や練習用としてもよく使われます。最近では100円ショップでもアクリルビーズの種類が増え、小粒のビーズから大粒のビーズまで種類が拡大されてきています。天然石風のものやパール風のものなどもあります。

ナチュラルな雰囲気が魅力のウッドビーズ

エスニックテイストのアクセサリーやナチュラルな雰囲気のアクセサリーを作る際に活躍するのが、木製の『ウッドビーズ』です。ウッドビーズは4mm以上のやや大きめのサイズ感のものが多く、扱いやすさが魅力です。ブラウン系のナチュラルなカラーのものもありますが、ピンクやグリーンなどカラフルなウッドビーズも存在感があり人気です。丸いビーズや細長いビーズなど、形のバリエーションも豊富です。

今注目されているのはコットンパール

コットンパールとはパールのような見た目のビーズで、コットンを圧縮して丸く形成しパールのような加工を施しています。素朴な華やかさとかわいらしさが魅力で、ハンドメイドアクセサリーの定番アイテムとして人気です。サイズは小粒のものから10mmほどの大粒のものまであり、カラーも一般的なパール同様、オフホワイトやピンク、イエローなど様々です。

天然石ビーズは個性的

天然石に穴を開けた『天然石ビーズ』もあります。同じものがふたつとしてないことから、アクセサリーのポイントに取り入れることが多いです。形や色を好みで選べるので、天然石ビーズを使ったアクセサリーは個性が光ります。お気に入りの天然石ビーズを選んでみてください。

いろいろな素材のビーズを組み合わせてもよい

今回は5つの素材のビーズを紹介しました。いくつかのビーズを組み合わせてアクセサリー作りを楽しむのもおすすめです。またビーズには大きさや形の種類も様々です。作りたいアクセサリーのイメージに合わせてサイズや形、色をチョイスするといいでしょう。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. beads 流行に流されにくいビーズアクセサリーとは
  2. beads ビーズアクセサリーで使うスワロフスキーの種類について
  3. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 100均グッズをビーズで、リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレ…
  4. フリーのビーズのレシピ作家
  5. ビーズアクセサリーステップアップ ビーズステッチの基本テクニック…
  6. ビーズアクセサリーで使うつぶし玉の使い方
  7. ビーズアクセサリーでネックレスを作るときの部品とは
  8. beads 結婚式で付けても大丈夫なビーズアクセサリーとは

最近の投稿

PAGE TOP