ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズ刺繍で作るビーズアクセサリー

ビーズ刺繍について

ビーズ刺繍とはフェルトなどの生地に針と糸を使ってビーズを縫い付ける手法のことを言います。ビーズだけで編んでビーズアクセサリーを作る場合、初心者さんにはかなりハードルが高いですがビーズ刺繍は比較的簡単にできるのでおすすめです。

ビーズの縫い方

【1】1粒刺し
ビーズを1粒ずつ並べて縫い付ける方法です。普通に前進しながら縫っていく方法と返しながら縫っていく方法とがあり、糸を返しながら縫った方がより頑丈に作れます。

【2】連続刺し
連続刺しとはビーズを2粒ずつ通して縫い付けたら1粒分糸を返してビーズの穴の中を通し次のビーズを2粒通してからまた同じように1粒分返し縫をしながら縫い付ける方法です。ビーズの中に糸を通して繋いでいくのでビーズがきれいに並んで縫い付けられるのが特徴です。

【3】パールの縫い方
小さなパールだとシードビーズを縫い付けるときと同じような要領で縫い付ければOKですが、大きなパールを縫い付ける場合はパールの穴の下に縫い付けた後にボタンを付けるときのようにパールの下に糸を巻いて固定するといいでしょう。

【4】爪付きビジューの縫い方
爪付きのビジューを縫い付ける場合は十字や平行に穴が開いている場合がありますが、どちらも穴のすぐ横に針を通してしっかりと2回ほど繰り返し縫い付けてから裏で玉止めして留めます。

ヘアアクセサリーを作ってみる

ビーズ刺繍を使ってすてきな手作りのヘアゴムを作ってみましょう。

『材料』
・フェルト
・シードビーズ
・竹ビーズ
・パールビーズ
・半円パール
・糸
・ヘアゴム
・接着剤

『作り方』
1.フェルトにまず半円パールを接着剤で貼り付けます。大き目の半円パールが良いでしょう。

2.半円パールの周りにシードビーズを縫い付けます。縫い終わったら竹ビーズを周りに縫い付けます。

3.竹ビーズを縫い付けたら、その周りにパールビーズを縫い付けます。シードビーズや竹ビーズよりやや大きめパールビーズを使うと良いでしょう。

4.パールビーズが縫い終わったらフェルトをカットしてヘアゴムを用意し、切り取ったフェルトと同じ大きさにフェルトをもう一枚切り取り中央に切り込みを2カ所入れたらそこにヘアゴムを通して結びます。

5.ゴムの結び目が内側に来るように4でカットしたフェルトに合わせて接着剤で貼り合わせ、縁を糸で巻きかがりしていきます。巻きかがりする糸にラメの入った糸などを使うと華やかに仕上がります。

応用編

次はヘアゴムの作り方を応用して手作りのバレッタを作ってみましょう。

『材料』
・フェルト
・シードビーズ
・爪付き舟形のビジュー
・半円パール
・竹ビーズ
・糸
・バレッタ
・接着剤
・グルーガン

『作り方』
1.まず半円パールを接着剤で貼り付けたらその周りにシードビーズを縫い付けます。

2.次に竹ビーズをシードビーズの周りに縫い付けたら同じようにパールビーズを縫い付けます。

3.パールビーズが縫い付け終わったらパールビーズの横に両端に爪付き舟形のビジューを縫い付けます。

4.次にビジューの周りにも同じようにシードビーズ、竹ビーズ、パールビーズを縫い付けましょう。それぞれ半円パールの円周に繋げるように縫います。

5.縫い終わったらバレッタを当ててみてバレッタがはみ出さないか確かめてみてください。きれいに隠れるようであればフェルトを形通りに切り取って、同じサイズのフェルトをもう1枚用意して2枚接着剤で貼り付けてから縁を糸で巻きかがりします。

6.巻きかがりが終わったらバレッタを裏にグルーガンで貼り付ければ完成です。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. これだけは押さえたいビーズアクセアリー基本スキル
  2. 初心者からレベルアップしてかわいいブレスレットを制作
  3. 100均ビーズをかわいくするアレンジ法6選
  4. 子ども向けビーズアクセサリーの作り方
  5. ビーズアクセサリーを綺麗に仕上げる裏ワザ5選
  6. ビーズで作る簡単なヘアアクセサリーアレンジ
  7. beads 豪華なキュービックジルコニアビーズの指輪
  8. ハンドメイドビーズ作品の販売の仕方

最近の投稿

PAGE TOP