ビーズアクセサリーの人気記事

ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタの作り方

ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタの作り方

ビーズは透明感やきらめきがあり、可愛いものや上品なものなど女性が喜ぶヘアピンのモチーフを作るのにも最適です。

編んで立体的に作るビーズのモチーフ

編んで作るモチーフは桜やバラなどの花からハートや星などの模様、クマやウサギなどの動物などを立体的にテグスを使って編んでいき、上部に丸カンを取り付けてつるしたり、接着剤を使ってヘアピンに貼り付けたりして使います。このとき使うヘアピンは丸皿の付いたものやお椀の付いたヘアピンが適しています。
シャワーヘアピンを使うとシャワー台の部分にビーズを編み付けてすてきなヘアピンを作ることができます。スワロフスキーやビジューなども穴のあいている石座を使えば編み付けることができるのでビーズと一緒に散りばめてゴージャスなヘアピンを作ってみてください。

ビーズ刺繍で作るヘアピンのモチーフ

ビーズ刺繍はビーズをビーズ専用の細い針を使ってフェルトなどの弾力性のある布に縫い付けて作るアートです。ビーズをテグスで編んで作るよりも手軽にできるので初めてビーズを扱う人でも無理なく作業を行うことができておすすめです。まずは簡単に作れる丸い形のビーズ刺繍ヘアピンを作ってみましょう。

材料
・ビーズ(中)
・パール(小)
・穴あき石座の付いたビジュー
・フェルト
・丸皿ヘアピンパーツ
・接着剤(グルーガンでもOK)
・糸
・ビーズ針
・ハサミ

作り方
1.まずフェルトに中央になるビジューを縫い付けます。

2.ビジューの周りにパール小を縫い付けましょう。

3.次にその周りにビーズ中を縫い付けます。

4.縫い付けたビーズの周りのフェルトをハサミで切り抜きます。

5.フェルトを切り取った大きさと同じ大きさで切り抜きビーズを縫い付けたフェルトの裏に接着剤で貼り付けて縁を糸で巻きかがりします。

6.丸皿ヘアピンの丸皿部分に接着剤を塗ってから5で出来上がったモチーフを貼り付ければ完成です。接着剤が乾燥するまでしばらく放置して乾かしましょう。グルーガンを使って貼り付けてもいいです。

アイデアいろいろ

ビーズで作るヘアピンには他にもワイヤーを使ってアメピンの上にビーズを巻き付けて作る方法があります。アメピンにカンが付いていてそこにワイヤーを巻いて留め付けます。カンが付いていない大き目のヘアピンにも上手くワイヤーを巻くとビーズ付きのおしゃれなヘアピンに早変わりします。
他には、大きな丸カンをヘアピンの先に取り付けてたくさんのビーズをTピンを使って取り付けたり、クルミボタンにビーズを縫い付けてそれをピンに貼り付けたりとアイデア次第でいろいろなヘアピンを楽しむことができます。
かんざしのようにビーズを長く通してヘアピンの先に取り付けたカンから垂らすと着物や浴衣にも良く似合うヘアピンを作ることができます。トンボ玉を取り入れるとより和の雰囲気が出てすてきなヘアピンになります。

ビーズで飾るオリジナルバレッタ

バレッタは髪をとめるのにとても便利です。ヘアアクセサリーは髪に目が行くと必ず見られてしまう目立つ場所にあります。どんなファッションでも、どんな場所でもいつも代わり映えのしない同じバレッタでは、楽しみがありません。
ビーズを使ってオリジナルバレッタをハンドメイドすれば問題が解決します。100均でバレッタの土台も購入することができるので、利用することで手間を省略できます。大きなビーズで作ればボリュームも自由自在にアレンジが可能です。

材料
・大きめのビーズ
・バレッタの台座
・ボンド

あると便利な道具
・クリアファイル
・つまようじ
・フェルト(制作時・保管時にマットとして使用)

作り方

ポイント1
ビーズで何かを作る時は、テーブルに大きめのフェルトを敷いてからはじめるとビーズが転がってもフェルトにひっかかって転がっていきません。専用のマットも販売していますが、100均の大判フェルトでも代用が可能ですのでおすすめです。

ポイント2
フェルトの上にさらに作業時はクリアファイルを敷いておくとボンドが垂れてもテーブルが汚れず安心です。

1 バレッタの台座にあわせてビーズの数を調整しながら並べ方を考えます。
  ※8cmのバレッタの台座に10mm・8mmのビーズを大体8~10個使用します。
2 台座の中央に真ん中に配置するビーズをボンドで固定します。
3 センターになるビーズが乾いたら左右をビーズで埋めていきます。
  ※台座の端に置くビーズはあまり台座からはみ出てしまうと強度が弱くなり破損の元になります。
  ※台座からはあまりはみ出さないようにセットします。
4 ボンドが完全に乾くまで水平にしたまま固定しておきます。

ポイント3
ボンドは透明のもので、金具やプラスチックに対応しているものを選びます。扱うビーズによっては白濁してしまうこともありますので心配な時は先にボンドを1滴底部にたらして確認をしておくとあんしんです。

ポイント4
用意しておいたつまようじはビーズを台座に配置した時の微調整に便利です。
ボンドが指につくとビーズを汚す原因になってしまうので、ボンドが指につかないように作業するのもきれいに仕上げるコツです。
ボンドで接着後、乾くまでの間にビーズが傾いてしまいそのまま固定されてしまってがっかりすることがよくあります。手で水平に持ち続けるのは効率も悪く、面倒なので水平に保ったまま乾燥させる方法があると便利です。
テーブルにビーズの転がり防止に敷いておいたフェルトを利用する手があります。フェルトの端にバレッタをはさんでしまえば水平のまま保管できます。
もし途中 ビーズがずれてしまっても作業中のテーブルの上にあればすぐに気づいて対処することもできます。制作終了後もそのままフェルトにはさんでおけば、完全に固定されるまで転がることもなく便利です。

オンリーワンのアクセサリーを

簡単な工程であっという間にオリジナルバレッタが完成します。
・配置は真ん中からスタートする
・端にビーズをあまりよせない
・ボンドが指に触れないようにする(ビーズにボンドがつくと表面が曇ります)
・乾燥までは水平に保つ
この4点がきれいに仕上げるコツになります。
並べたビーズの隙間を埋めるように小さなシードビーズを置くと仕上がりもボリュームアップします。アレンジを重ねればオリジナリティもアップします。

さいごに

ヘアピンのパーツにはこれまでご紹介した丸皿の付いたヘアピンやお椀の付いたヘアピン、シャワー付きヘアピンやカン付きのヘアピンの他にスリーピンと言って中央をパチンと折って留めるヘアピンやヘアクリップなどがあり、作りたいデザインに合うヘアピン選びも大切になります。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. 3月生まれのカラーにこだわったビーズをみつける
  2. チェコビーズとスワロフスキーパールで作る愛されピアス
  3. ビーズで作るスパイラルネックレスとハンドメイドで必要なこと ハートのナスカンとビーズで作る可愛いキーホルダー
  4. 100均材料でチャンルー風ビーズブレスレットを作ろう
  5. beads チャンルーで決めるビーズアクセサリー
  6. ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタの作り方 大人気のビーズのヒトデピアスパーツのご紹介
  7. ビーズアクセサリーを綺麗に仕上げる裏ワザ5選
  8. ビーズアクセサリーでおしゃれなねじりネックレスの作り方

最近の投稿

PAGE TOP