ビーズアクセサリーの人気記事

メガネの紐もビーズアクセサリーで手作り

メガネの紐を手作りしよう

メガネの紐はグラスコードやグラスチェーンとも言い、メガネを外したときに首にかけておける便利な紐です。市販のものもありますが、毎日使うものだからお気に入りのビーズを使って手作りしてみましょう。

欠かせない材料について

メガネの紐を作るときに欠かせない材料と言えば「グラスコードパーツ」です。
シリコンゴム製のリングの中央に針金などを巻き付けて上下に輪が2つできるように作られたパーツでメガネと紐を繋ぐパーツです。シリコンゴムでできているのでメガネの柄を傷つけることがなくずれる心配もありません。

どんな紐にするのか

ビーズの使い方によってさまざまな紐が作れます。

・紐にビーズを通したシンプルなもの
シードビーズからパールビーズ、天然石まで紐に通すだけで作る作りやすいメガネ紐です。メガネの柄に繋げる部分だけをデザイン的に作るとワンポイントのおしゃれができてすてきです。

・テグスを使ってビーズを編みながら作ったもの
テグスは柔らかく張りがあるのでビーズを編むのに適しています。テグスを使ってビーズを編みながら紐状にしていきましょう。編む柄は花柄が一般的ですが楕円形の編み目を入れたりと工夫次第でおしゃれに作れます。

・チェーンとビーズとを繰り返し繋いで作ったもの
ビーズに9ピンを差し込んで丸ヤットコを使って先を丸めたらビーズとチェーンとを丸カンで繋いで作った紐は華奢な印象のおしゃれなメガネ紐になります。

・大きなビーズと小さなビーズを交互にしたもの
大きなビーズと小さなシードビーズを交互に通していくとそれだけですてきなデザインになります。使うビーズにもよりますが、シードビーズの量を増やして隙間を多めに取った方がすっきりとした印象になるものもあります。大きなビーズをいくつか種類の違うものを使ってみると変化がでてユニークなメガネ紐になります。

メガネの紐の作り方

先端の部分にだけクリスタルビーズやパールビーズでデザイン的に作ります。ワイヤーにビーズを通すだけなので楽に作れます。

『材料』
・シードビーズ適量
・メタルビーズ
・パールビーズ(小)4個
・クリスタルビーズ(小4個・大2個)
・ロンデル4個
・グラスコードパーツ
・ワンパッチン
・丸カン
・ナイロンコートワイヤー

『作り方』
1.まずナイロンコートワイヤーにシードビーズを通します。通した反対側からビーズが抜けないようにマスキングテープなどで机に固定しておくとやりやすいです。

2.シードビーズを適量通したらメタルビーズを1つ通して、次にパールビーズ1つとクリスタルビーズを2つにパールビーズをさらに1つメタルビーズを間に挟みながら通します。

3.通し終えたらロンデルを通して大きいクリスタルビーズを通したらもう1つロンデルを通してロンデルでサンドするようにします。

4.ロンデルが通し終えたらワンパッチンの穴にワイヤーを通してから丸カンに通し、もう一度ワンパッチンの穴にワイヤーを戻していくつかビーズにももう一度通したらワイヤーを引いてロンデルとワンパッチンの間に隙間ができないようにしてからワンパッチンのピンを押し込みます。

5.最後にグラスコードパーツに丸カンを開いて取り付け、閉じれば完成です。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. beads ビーズアクセサリーで使うチャームはどこで仕入れよう
  2. 夏にピッタリのビーズアクセサリーを作ってみよう!
  3. メタルビーズをプラスして作品のクオリティをアップさせよう
  4. 天然石で作りたいビーズアクセサリー
  5. ビーズアクセサリーおすすめレシピ本6選
  6. パールビーズで作る子供のブレスレット
  7. 手作りのネックレスはビーズアクセサリーで決まり!
  8. beads 手作りビーズアクセサリーの魅力

最近の投稿

PAGE TOP