ビーズアクセサリーの人気記事

ワイヤーを使ったキャッツアイビーズのブレスレット

ワイヤーとビーズで作る簡単アクセサリー

ビーズのハンドメイドといえばテグスで編んでいくイメージではないでしょうか?しかし意外にもワイヤーは使いやすく、初心者の方でも簡単に作れるものが多いのです。自分でワイヤーをカットして、ヤットコなどで輪を作りその中にビーズを入れて編んでいくという形です。ヤットコなどの工具を使ったことがなくて、ワイヤーを避けていた方も多いかもしれません。まずはワイヤーのセットから始めてみてはどうでしょうか。ワイヤーのセットはお店やネットショップで簡単に手に入ります。

2連ワイヤーのキャッツアイブレスレット

2連ワイヤーを使って簡単にできる、キャッツアイのかわいいブレスレットをご紹介します。

キャッツアイビーズについて

非常にきれいで可愛い天然石のビーズです。ネコの目の光り方に似ていることから、その名前がつきました。一般にキャッツアイとしてよく出回っているものは、人工で作られたものです。色の種類がたくさんあり、その可愛い色合いから女性に非常に人気のある石です。人気の色はクリアブルー・クリアピンク・ホワイト・クリアイエロー・グリーン・パープルなどがあります。キャッツアイといえば可愛い色のイメージが強いと思いますが、濃い色めもあります。ブルーアパタイトやグリーンキャッツアイは濃く深い色合いから男性に人気です。

パワーストーンとしても有名ですね。その効果は魔よけや心の安定、癒しなどがあります。恋愛おまもりとして持たれる女性も多いです。

2連ワイヤーブレスレットの材料

ワイヤーブレス2連セット シルバー (片穴ビーズのストッパーが付いたもの)

丸小ビーズ シルバー 適量

丸小ビーズ クリスタル 適量

キャッツアイ 丸型 4ミリ ホワイト系 適量

キャッツアイ 丸型 3ミリ ピンク系 適量

2連ワイヤーブレスレットの作り方

①ワイヤーの片方に片穴のストッパービーズを差し込みます。穴の中に接着剤をつまようじなどで入れておいて下さい。ビーズの外に接着剤がはみ出ないように慎重に接着してください。瞬間接着剤がお勧めです。

②ワイヤーを手首のサイズに合わせて、ニッパーでカットします。斜めにならないように、まっすぐにカットして下さい。ストッパーが取れやすくなることがあります。

③しっかりと接着剤がかわいて、片穴ストッパービーズが取れないことを確認したら、ビーズを入れていきます。

④丸小クリスタルを4個・丸小シルバーを1個・キャッツアイピンク3ミリ・丸小シルバー・キャッツアイ4ミリホワイト・丸小シルバー・キャッツアイ3ミリピンク・丸小シルバーを入れます。この順番で2連のワイヤーにくるくると通していきます。

⑤ワイヤーの最後まで通していきますが、ビーズの順番が途中になっても大丈夫です。一番最後のビーズは丸小のクリスタルにしておいて下さい。ほんの少しだけ余裕を残して下さい。ビーズ同士がぴったりくっついて、全く動かないようであればつめすぎです。

⑥最初の要領で片穴ビーズの中に接着剤を入れ、ワイヤーに付けます。接着剤が乾くのを待ちます。これで可愛いワイヤーブレスレットの完成です。

スワロフスキーやパールビーズなどでアレンジして作っても素敵ですね。ワイヤーを使う場合はワイヤーの太さとビーズの穴の大きさがなるべく近いものを選ぶようにして下さい。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. beads ビーズアクセサリーの売れ筋はどうやって決まるのか
  2. 工具なしでOKの簡単かわいいビーズヘアピンの作り方
  3. ビーズアクセサリー作りのちょっと困ったを解決
  4. スワロフスキービーズで作る簡単ブレスレット
  5. 親子で楽しむビーズアクセサリー 蓄光ビーズアクセサリー
  6. ビーズアクセサリー作りに必要な工具類5選をチェック
  7. beads トルコ石はビーズアクセサリーに合うのか
  8. コットンパールとビーズボールのネックレスの作り方

最近の投稿

PAGE TOP