ビーズアクセサリーの人気記事

初心者でも簡単に作れるシードビーズのブレスレットの作り方

ビーズアクセサリー作りは難しそうなイメージがあります。確かにデザインによっては初心者には作るのが難しいものもありますが、中にはまったくの初心者でも簡単に作ることができるレシピもたくさんあります。おすすめはブレスレットです。ビーズアクセサリーに欠かせないシードビーズを使ったブレスレットの作り方を紹介します。手順は簡単なのに、まるでセレクトショップにあるような素敵なブレスレットを作ることができるので、ぜひ挑戦してみてください。

シードビーズブレスレットに必要な材料

まずはシードビーズブレスレットに必要な材料を紹介します。

◎材料

・テグス・・・手首1周よりもやや長めの長さのものを8本用意しましょう。

・シードビーズ・・・お好みの色を2色用意してください。大きさは『丸小ビーズ』と呼ばれる小粒のものがおすすめです。

・エンドパーツ・・・テグスを処理するために使います。2つ用意してください。

・アジャスター・・・ブレスレットのサイズを調整するために必要です。1つ用意してください。

・カニカンもしくは引き輪・・・ブレスレットに必要なパーツです。1つ用意してください。

・丸カン・・・パーツ同士をつなぐために使います。2つ用意してください。

◎道具

・やっとこ・・・パーツの開閉に使います。

・指カン・・・丸カンを開閉するときに指にはめて使用します。

・ビーズトレイ・・・必要なビーズをトレイに出して使用することで作業効率がアップします。

・マスキングテープ・・・テグスの端につけてビーズが抜けないように留めておきます。

・接着剤・・・エンドパーツから取れにくくするために使います。

・はさみ・・・テグスをカットするために使います。

シードブレスレットの作り方

作り方はとっても簡単です。材料がそろったら早速作業に取り掛かりましょう。

1.テグスを手首よりも長めのサイズにカットしたら、すべての端にマスキングテープを付けておきます。

2.テグスにビーズをどんどん通します。4本ずつ2色のビーズを使いましょう。端は5cmほど残しておきます。

3.反対側のテグスの端にもマスキングテープを貼ってビーズがこぼれないようにしておきます。

4.同色の4本のテグスを1つにまとめ、十字にクロスさせたら折り返してビーズを組み、それぞれの端をまとめておきます。一度手首につけてみてサイズ調整が必要ならビーズを増減してください。

5.エンドパーツのトップの穴にテグスを通して折り返し、テグスをエンドパーツの中に隠すようにしてやっとこでしっかりと閉じます。

6.反対側も同様にエンドパーツを付けます。

7.エンドパーツの隙間から接着剤を少量流し込み、乾かします。

8.丸カンを使って片方のエンドパーツにはアジャスターを、もう片方にはカニカンもしくは引き輪を付けたら完成です。

色を変えていろいろなブレスレットを作ろう

ビーズの色を変えれば雰囲気の異なるブレスレットを作ることができます。同系色でまとめてもいいですし、2色だけでなくグラデーションにして組み合わせた配色も素敵です。ビーズの大きさを変えたり、テグスの本数を増やしてボリュームアップしてもいいかもしれません。お好みのビーズを使って、自分なりにアレンジしたブレスレット作りを楽しんでください。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. beads 豪華なキュービックジルコニアビーズの指輪
  2. ビーズアクセサリー作りで使うターコイズとは
  3. beads ビーズアクセサリーで使うチャームはどこで仕入れよう
  4. beads ビーズアクセサリーは決して難しいものではない
  5. beads ビーズアクセサリーがなかなか売れない時は
  6. beads 手作りビーズアクセサリーの魅力
  7. レジンを使ってオリジナルビーズを作ろう
  8. 失敗しないビーズアクセサリー作りワンポイントアドバイス

最近の投稿

PAGE TOP