ビーズアクセサリーの人気記事

夏にピッタリのビーズアクセサリーを作ってみよう!

夏にはこんなビーズが使いたい!

夏にはビーズの涼やかな雰囲気がぴったりと合うのですが、中でも取り分け夏に使いたい!というビーズについてご紹介します。

・トンボ玉
トンボ玉とは穴の開いたガラス玉のことで、一般的なビーズよりもやや大きめのものが多いです。きれいな模様をガラスの中に閉じ込めてあったり表面にきれいな装飾が施してあったりします。かんざしや帯どめの飾りとして昔から使われてきましたが、当然のことながらアクセサリー作りにも使用することができます。涼やかさのあるトンボ玉は夏のビーズアクセサリー作りにぴったりです。

・ブルー系のビーズ
トルコ石やラピスラズリの天然石ビーズや青みのあるガラスビーズなどの寒色系の色のビーズは夏のビーズアクセサリー作りに欠かせないアイテムです。青いビーズに白や透明のビーズを合わせればより涼し気なアクセサリーを作ることができ、反対色である黄色やオレンジなどのビーズと組み合わせればメリハリの利いた存在感のあるアクセサリーを作ることができます。

・透明感の強いビーズ
ビーズの穴に着色がされていたり、透明のビーズの中に模様が入っているビーズや、透明なビーズの周りに筋が描いてあったりと透明感の強いビーズを使って夏のアクセサリーを作ると涼し気な印象のアクセサリーになります。

・貝のビーズ
貝を使ったビーズも夏のアクセサリー作りに使うと爽やかな雰囲気になります。また、貝を形作ったチャームなどのパーツも使ってみましょう。より夏らしいアクセサリーになります。

・夏の浜辺に映える色
夏は海に遊びに行くことも多いでしょう。そんなときに着けたいアクセサリーは砂浜の色や海の色に映える鮮やかな色のビーズを使うと心もワクワクします。ピンクや赤、オレンジなど原色系の色を上手く組み合わせましょう。

サマーネックレスを作ってみよう

涼し気なサマーネックレスを手作りしてみましょう。チェーンや丸カンなどのパーツはシルバーで統一して作るとより涼し気な雰囲気になります。

『材料』
・トルコ石のビーズ(さざれ石タイプ)
・淡水パール
・張りのある太めのビーズ用ワイヤー
・丸カン
・チェーン
・カニカン
・アジャスター

『作り方』
1.ビーズ用のワイヤーを15cmほどの長さでカットして端を片方だけ丸ヤットコを使って丸めます。

2.ワイヤーを軽くカーブさせて型を付けてからトルコ石と淡水パールを適度に混ぜながら通していきます。

3.通し終えたら端を丸めて留めたら丸カンを使ってチェーンに取り付けます。チェーンは右と左用に2本用意しておきましょう。

4.チェーンに取り付けたら反対の端に丸カンを使ってカニカンとアジャスターを取り付ければ完成です。

夏に着けたいアクセサリーとは

夏には軽やかなアクセサリーや暑さとよく合うアクセサリーを着けたいですね。

・ワイヤーにしずくを集めたようなネックレス
ワイヤーに間隔を開けてビーズやパールを取り付ければしずくが首元で踊っているような涼やかなネックレスを作ることができます。ワイヤーは張りがあるのでしっかりと丸みを保てるのでこうしたネックレスを作るのにとても向いています。色の組み合わせや隙間の開け方によってさまざまな表情のあるネックレスにすることができます。

・海に行くときに着けたいアンクレット
海に着けていきたいアンクレットは細身のミサンガに涼やかなビーズを編み込んだものがおすすめです。他には小さなウッドビーズやカラフルなシードビーズで作ったアンクレットです。細いビーズのアンクレットは重ね付けをしてもおしゃれですよ。

・エスニックアクセサリー
夏にはエスニック調のアクセサリーが良く似合います。色の組み合わせ方や形に特徴があり原色系の色を茶色やメタリック色でまとめてあるので普段着ている洋服とも合わせやすいです。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. beads 自分でビーズアクセサリーをリフォームする方法
  2. フリーのビーズのレシピ作家
  3. シンプルなべっ甲ビーズアクセサリーパーツ
  4. ビーズアクセサリーの部品いろいろ
  5. 初心者からレベルアップしてかわいいブレスレットを制作
  6. 手作りのネックレスはビーズアクセサリーで決まり!
  7. beads 手作りビーズアクセサリーの魅力
  8. ビーズアクセサリーの資格取得3つのメリット

最近の投稿

PAGE TOP