ビーズアクセサリーの人気記事

失敗しないビーズアクセサリー作りワンポイントアドバイス

ビーズアクセサリー作りを始めてみたけど、なんとなくイメージと仕上がりがしっくりこない、という経験をしたことがある人は多いです。基礎はしっかり身についたのにイメージ通りにいかないということは、ビーズアクセサリー作りのビギナーさんによくあることです。ビーズアクセサリー作りで失敗しないためにやりたいワンポイントアドバイスを紹介します。

ビーズの色は同じトーンで統一

ビーズアクセサリー作りのビギナーさんが陥りやすいのが、色選びです。色のチョイスは経験を積んでいても悩むところで、ビギナーさんならより難しく感じることではないでしょうか。失敗しないためには、色は同じトーンで統一することがマストです。メインとなる色を1色決めたら、その色にほど近いカラーを2色ほどプラスすることでまとまりのあるビーズアクセサリーを作ることができます。あまり色を混ぜすぎないということもポイントです。また、くすみ系、ポップ系、パステル系などでもまとめるとより仕上がりが良くなります。

ビーズの主役を決めよう

次のポイントは、ビーズの主役を決めるという点です。サイズの異なるビーズを何種類か使う場合、メインとなる主役のビーズとメインを引き立たせる脇役のビーズを決めておくことで、バランスのいいビーズアクセサリーに仕上がります。主役のビーズを決めればおのずとビーズの配置も決まってきますし、作業効率をアップさせることにもつながります。

金属パーツの色選びも重要

ビーズの色合わせはうまくいっているのに、なんとなくまとまりに欠けるという場合は、金属パーツの色味があっていないのかもしれません。天然石などを使う場合はマットな金属パーツがマッチしますし、スワロフスキーなど美しい輝きのビーズにはゴールドやシルバーがマッチします。落ち着いた色味にはアンティーク調の金具を合わせるなど、ビーズの色と金属パーツの色もしっかり合わせるといいでしょう。

大きいビーズはシンプルなデザインがマスト

大きめで存在感のあるビーズや、個性的なビーズを使う場合は、そのビーズのインパクトを大切にするためにデザインはごくシンプルなものを選ぶのがマストです。存在感のあるビーズに個性的なデザインを採用してしまうと、なんとなくゴテゴテしたイメージになってしまいます。使うビーズとアクセサリーのデザインとのバランスも大切です。

天然石には小さなビーズがマッチ

ビーズアクセサリーに天然石ビーズを取り入れる人も多いですが、天然石はそれだけで個性があり組み合わせるビーズに悩んでしまうという人も少なくありません。天然石ビーズを使う場合は、ぜひ小さなビーズを取り入れてみてください。天然石と同系色のビーズを合わせることでさらに統一感が生まれ、高級感のあるアクセサリーに仕上がります。

ちょっとしたポイントで仕上がりアップ

いくつかのポイントを紹介しましたが、どれもほんのちょっとしたポイントばかりです。基本が身についても色味やサイズ感がわかるには、やはり経験しかありません。いくつも作品を作ってみて、どんな組み合わせが好みなのか、どんな組み合わせがしっくりくるのかをいろいろ試してみるといいでしょう。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ビーズ初心者のためのテグスとTピンの扱い方 ビーズ初心者のためのテグスとTピンの扱い方
  2. スワロフスキービーズで作る簡単ブレスレット
  3. ビーズと革紐で作るチャンルーはビーズアクセサリー中級者向け
  4. ビーズアクセサリーに使いたい世界3大ビーズと国産ビーズ
  5. ビーズアクセサリーの無料レシピおすすめサイト4選
  6. beads 手作りビーズアクセサリーの魅力
  7. ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタの作り方 ビーズで作る子供用キラキラお星様のアクセサリー
  8. 初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ ビーズアクセサリーのストラップを作ろう!

最近の投稿

PAGE TOP