ビーズアクセサリーの人気記事

子どもと一緒に作れるビーズアクセサリー

お子さんに何かものづくりをさせたいという親御さんはとても多いと思います。何かを作ったり生み出したりすることはとても大事なことで、感性を豊かにするとも言われていますね。

この記事では、お子さんと一緒に作れる簡単な”ビーズ”とアクセサリーをご紹介いたします。

ビーズそのものを作る

実はある方法を使えば、とても簡単にビーズ自体を作ることが出来るのです。粒は大きめなのでアクセサリーにもしやすく、お子さまが使う分にも問題なしでおすすめビーズです。
そのビーズの作り方は、まず要らない雑誌や折り紙、チラシなどを使います。色付きならば何でも使え、マスキングテープなども使えます。
他に必要なものは「ボンド・つま楊枝や丸い割りばし・ニスか透明なマニキュア・ハサミ」です。どれもご近所のスーパーやホームセンターで手に入るものです。
肝心の作り方は、まず紙を縦に長めの三角形に切ります。切りましたらそれをつま楊枝にぎゅっと巻いてください。この時、紙の細い方から巻かないように気を付けてください。このビーズを作る際には一貫して太い幅の方から巻きます。
紙は緩まないようにきつく巻きましょう。巻き終わる少し手前、数センチほどでボンドを塗って固定してください。手を放しても緩まないようでしたらニスか透明なマニキュアをくまなくたっぷり塗ってください。
2度塗りすると艶も綺麗に出て、よりアクセサリーとして映えるビーズに仕上げることができます。
ここまでできたら後はしっかりと乾かしてから、つま楊枝を引き抜けば完成です。これで立派なビーズを作ることができます。
このビーズは通称「ペーパービーズ」と呼ばれ、海外では子どもと一緒に作ることのできる一般的な工作として人気があります。
沢山作るのは大変かもしれませんが、一度に多く作ってしまってあとは全部ニスを塗るだけなど、作業をまとめてしまえば時間短縮も出来、多く作ることができます。
つま楊枝を使うとその直径の穴以下しか出来上がらないので、もしこれではテグスや紐に通すことが出来ないという場合には丸い割り箸を使いましょう。
三角形の切り方によってもビーズ自体の形を変えることが出来るので、色々な形で試してみてください。思わぬ切り方でユニークな形が出来上がるかもしれませんよ。

ビーズがたくさん完成したら

このペーパービーズを使って簡単なアクセサリーを作っていきましょう。
カラフルさが特徴ですから、多くの色を使い透明感のあるアクリルやガラス製のビーズも混ぜると、他の素材では魅せられないファンシーな可愛らしさを出すことができます。
例えば、ネックレスを作るのなら、間に小さいパステルカラーのビーズを挟んで作ると形もうまくマッチして、中々市販では売っていない様な個性的なネックレスを作ることも。

さいごに

ビーズにはこのような作り方もあるのですね。自宅で手軽にビーズが作れる方法はなかなかないのでおすすめです。
あまり周りで身に着けている人がいないと思いますので、この機会にお子さんとどんどん制作して広めてみてください。
学校でのバザーやフリーマーケットなどでも大人気商品になること請け合いのとても汎用性の高いアクセサリーです。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. フリーのビーズのレシピ作家
  2. beads 流行に流されにくいビーズアクセサリーとは
  3. beads ビーズアクセサリーで使う蝶モチーフ
  4. ビーズ刺繍 ビーズパーツのファーを使った大人可愛いヘアゴム
  5. マグネットビーズパーツを使った豪華2連パールブレスレット
  6. ビーズやパーツを買うならココ!おすすめショップ3選を紹介
  7. 子ども用キャンディビーズのアクセサリー
  8. 丸小ビーズで作るゆらゆら可愛いボールピアス

最近の投稿

PAGE TOP