ビーズアクセサリーの人気記事

子ども向けビーズアクセサリーの作り方

女の子のお子さんをお持ちの方は実感していると思いますが、小さい子はキラキラしたものが大好きです。

ママが身に着けているキラキラと光り輝いてるものに憧れて、自分でもつけてみたいと言うことはあったと思います。
おしゃれ心も身につく年頃。しかし簡単にアクセサリーを与えてしまっては、すぐ壊れてしまうかもしれないし、まだ早いかも・・・
そのようなママさんには、是非お子さんと一緒に作れるビーズアクセサリーを試してみてください。
この記事では手軽に安く作れる、4歳から小学生くらいのお子さん向けのビーズブレスレットの作り方をご紹介いたします。

まずは材料をそろえよう

お近くの100円ショップなどの雑貨屋さんでそろえられると思いますが、出来るだけお子さんと一緒に買い物に行き、好きな色のビーズを選ばせてください。
ビーズは大粒の方が作りやすく見栄えも良いでしょう。例えば、少し大きめの中心に来るモチーフとなるビーズと、周りに繋げる丸い形のビーズなどがあればメリハリのあるアクセサリーが作れます。
ビーズ以外に必要なものはテグスのみです。できるだけ伸縮性のあるものの方が良いですね。大きいビーズを使うのならば、テグスは太い方が良いでしょう。
肝心の作り方は、まずテグスをハサミで腕周りの長さよりも長めに切り、ビーズを一つだけ通しましょう。
このビーズをストッパーの役割にさせるために、端の方でビーズを固定してください。ストッパー代わりのビーズは最後に外すので、デザインには関わらないためどんなビーズでも問題ありません。
一回テグスを通したらもう一回同じ方向通すとしっかり固定することができます。
そこまでできたら後は残りのビーズをどんどん通していき、最後にストッパーのビーズを外し、両端でテグスを結んだら余ったテグスをカットして完成となります。
とても基本的で単純な作りですが、カラーバリエーションや使うビーズの種類によって全く別のアクセサリーになりますので、ビーズを沢山用意すればお子さんも飽きることなく楽しく作って遊ぶことができるでしょう。

独創性を育む

決まった作り方の中で、どんなアレンジを加えるか、どんなデザインにしようかなど考えさせることができるので、何かを作る遊びは子どもの独創性を育てることができます。
もちろんそれはビーズアクセサリー以外でも、絵を描くことでも音楽にふれさせることでも、粘土で遊ばせることでも何でも構いません。
自分で何かを考えて形にする力や、他の子とは違う何かの差を付けるためには小さい時にどんな遊びをしていたかにも深くかかわってきます。
そのような点でもビーズアクセサリーは評価でき、非常に教育にも良い影響のある遊びなのです。
何より、小さい時のお母さんと遊んだ記憶はいつまで経っても最高の思い出として残ります。お母さんが昔これで遊んでくれたから今の趣味・仕事をすることができたという話もちらほら聞くことがあります。

さいごに

おしゃれしたい年頃のお子さんがいるお母さんには是非知っていただきたい内容でした。
この記事を読んで、もっとお子さんが様々なことに興味を持てるように、親御さんたちも何かをするきっかけとなれば幸いです。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. beads 結婚式で付けても大丈夫なビーズアクセサリーとは
  2. ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタの作り方 大人気のビーズのヒトデピアスパーツのご紹介
  3. 大注目のコットンパールを使ってアクセサリーを作ろう
  4. 11月生まれに贈る輝くビーズのバースデーカラー
  5. 花編みのビーズリング ビーズアクセサリーをこれから始めるために
  6. ビーズ刺繍 ビーズパーツのファーを使った大人可愛いヘアゴム
  7. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 万能のホワイト・クリア系の天然石ビーズの種類
  8. beads ビーズアクセサリーで自分だけのヘアピンを作る方法

最近の投稿

PAGE TOP