ビーズアクセサリーの人気記事

手作りのネックレスはビーズアクセサリーで決まり!

ビーズでネックレスを作る

ネックレスは簡単に作れるのでビーズ初心者さんにおすすめです。好きなビーズを好きなようにテグスに通すだけで作るからです。あとはネックレス用の金具を取り付ければいいのです。初めて手作りでネックレスを作るならビーズで作ってみましょう。

ランダムが楽しい

ランダムな中にも1つの法則を作っておきます。それは素材の違うものを通す際には間にメタルビーズを挟むということです。どんな法則でも構わないのですが、ランダムな中にも1つだけ統一感のあるものを入れるとおしゃれにまとまります。

他にランダムに作るときのコツとしては色の系統を揃えることです。青系なら緑色から青色、紫色辺りを使って作るとすてきな仕上がりになります。これに白やクリーム色などの抜けた色をポンと挟むと変化が出て面白味が増します。ゴールドやシルバーなどを挟んでもいいですね。

最強に簡単&おしゃれなのは

不規則にカットされたメタリックのシードビーズを使って作るネックレスはテグス1本に通すだけでもおしゃれに仕上がります。シルバーやゴールドで作られたビーズを使えばより高級感のある仕上がりになりますし何よりも簡単に作れるのがうれしいです。華奢なネックレスが首元できらめいて、きめ過ぎないおしゃれができるのでおすすめです。

張りのあるワイヤーで作る

パールが雨の粒のように散りばめられたネックレスは夏に付けたい涼し気なネックレスです。ワイヤーの張り感もすてきで大玉パールの間には小さな淡水パールやメタリックのシードビーズをいくつか通して、潰し玉を使って散らばるように程よく隙間を開けながら取り付けていきます。ワイヤーはナイロン加工された色付きのものを使うときれいです。1本だとさみしいので2連や3連にしてパールをランダムに配置するとすてきですよ。

ねじってボリュームを出す

2連や3連のネックレスをねじってボリューム感のあるネックレスにしてみましょう。同じサイズのビーズを連ねてもいいですし、サイズの違うものをねじって作っても楽しいです。凝ったものを作りたいときは、胸元にくる部分を大きくし首元にいくにつれて小さなビーズになるように連ねたものをねじって作ると一段とおしゃれに仕上がります。

繰り返しで作るネックレス

シードビーズを3つ通したらポイントになるビーズを1つ通すなど繰り返しのデザインを用いたネックレスを作るときはポイントとなるビーズを大きなサイズで作ると間違いがありません。シードビーズの個数はポイントのビーズのサイズに合わせてバランスが取れるように調整してください。シードビーズの間に中くらいのサイズのビーズを挟んで変化を付けても面白いですよ。

さいごに

ビーズで作るネックレス作りは工夫次第で幅広くいろいろなものが作れて、おしゃれを楽しむことができます。ここにはビーズを編んで作るネックレスは紹介していませんが、ビーズ好きな人はテグスを使ってビーズを編みながら作ってもすてきです。パールやメタリックなビーズを使えばパーティーや式などに付けていくこともできるような高級感のある仕上がりになります。ネックレスを作るには留め金具を必要になりますので、ネックレスの雰囲気に合うような留め金具を見つけてすてきなネックレスをぜひハンドメイドしてみてください。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. beads 結婚式で付けても大丈夫なビーズアクセサリーとは
  2. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ ビーズアクセサリー作りに欠かせない留め具の種類
  3. ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタの作り方 大人気のビーズのヒトデピアスパーツのご紹介
  4. 初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ ビーズアクセサリーのストラップを作ろう!
  5. ビーズアクセサリー作りのちょっと困ったを解決
  6. beads ビーズでアクセサリーを作る際の留め具の種類
  7. シンプルなべっ甲ビーズアクセサリーパーツ
  8. 子どもと一緒に作れるビーズアクセサリー

最近の投稿

PAGE TOP