ビーズアクセサリーの人気記事

既存の腕時計バンドをビーズアクセサリーで大変身

beads

腕時計と言えば日常的に付けていて欠かせない方もいるでしょう。毎日つけるものだからこそこだわりたいし自分らしく魅せたい!

そう考えた事のある方はビーズを使い自分で作ってみてはいかがでしょう。この記事では比較的に難易度の易しい、ビーズやご家庭にある素材で作れる腕時計バンドについてご紹介いたします。

新しく時計のパーツを買っても良し

今使用している時計のバンドが古くなってきて替えたいという方も、時計だけのパーツを買ってはじめから作ってみたいという方もいらっしゃると思います。のびるタイプのテグスを使ったり、小さいチャームでイニシャルを入れたりすることもできるのでハンドメイドの作品は市販のものよりも凝った作りにすることができます。新しく時計バンドを作るために必要な材料は、テグスとお好きなビーズを多めにご用意ください。時計のパーツは多くのショッピングサイトで取り扱っているのでそちらをご参照ください。

肝心の作り方

デリカビーズを使い細かく編み柄や模様を作る方法もありますが、今回はシンプルに、初心者でも取り掛かりやすい方法で紹介させていただきます。
編み方は、最初に時計にテグスを通し、それを交差させながらビーズを足していきます。
交差する部分のビーズを別の種類のものにしたり工夫してみましょう。最初に全体的なイメージを考えて、その都度色合いや雰囲気を合わせていくことが重要です。テグスを使わなくてもゴムや布を基調に作ることもできます。例えば、大きめのウッドビーズをゴムに縫い付けて作るとシックで大人っぽく魅せることもできます。ここで注意すべき点は、ベルトになる材料に硬い素材のものは控えましょう。常に腕に巻くものですから硬かったりゴロゴロしていると痛みが出てしまいます。材料費もビーズ+時計パーツ+基礎となる紐のみなので安価で仕上げることができますので、何個も作り友人たちへのプレゼントとしても喜んでもらるでしょう。ハンドメイド品のプレゼントは女性でも男性でも嬉しいものです。

別の素材を使ったアレンジ作品も

ビーズ以外でも身近にある様々な材料でベルトを作ることができます。布の端切れやスカーフ、レースなどを通すだけで雰囲気をがらりと変えることも!例えばバンダナを通したらそれだけでカジュアルなコーディネートになります。布系は時計から簡単に外せるのでその日の気分で変えられるのが利点ですね。

腕時計のベルトは個性的なアレンジが楽しめるものでもあります。例えば安全ピンとビーズを組み合わせて作ってみてはいかがでしょう。
安全ピンの片側にデリカビーズを数個通す作業を繰り返すだけで作れます。このようなものはお店では売っていないので日常で一層目立つアイテムにもなります。

さいごに

今まで腕時計を付けていなかった方も、この機会に手作りバンドに挑戦し腕時計を日常的に活用してみてください。
スマートフォンで時間を確認するよりも腕をサッと出すことで話のタネになり、そこから趣味の話などに広げられるのでその面でもおすすめできます。
この記事を読んでいただいて、少しでも腕時計ないし腕時計のバンドについて興味を持っていただけたら幸いです。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. 知っておきたいビーズアクセサリーの種類3選
  2. 年齢別に見る作りたいビーズアクセサリーの種類
  3. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ ビーズアクセサリー作りで使う丸カンについて
  4. 初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ 初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ
  5. お役立ちのダイソー100均ビーズ
  6. beads 100円ショップの材料だけでビーズアクセサリー・チョーカーを制作…
  7. メンズにも人気の高いビーズアクセサリーとは
  8. beads 自分でビーズアクセサリーをリフォームする方法

最近の投稿

PAGE TOP