ビーズアクセサリーの人気記事

桜をモチーフにしたビーズアクセサリーを作ろう!

桜のモチーフをビーズで作ってみる

春は桜の季節です。桜のモチーフを使ってすてきなアクセサリーを作ってみましょう。

『材料』
・テグス
・シードビーズ
・ファイヤーポリッシュ
・丸小ビーズ
・接着剤
・ハサミ

『作り方』
5個のシードビーズを中心にしてファイヤーポリッシュを中心から5個配置してファイヤーポリッシュの両側に丸小ビーズを連ねて花びらにします。ワイヤーよりもテグスを使った方がビーズに通しやすいです。テグスを中央に戻しながらビーズで花びらを作りますが、左右のテグスを同時にファイヤーポリッシュに通したら左右に丸小ビーズを適量通して丸みが付くようにして作りましょう。最後まで編み終わったらテグスを結んでハサミでカットして結び目に接着剤を塗ってビーズの穴の中に入れて隠します。

ピアスにしてみる

桜のパーツができたらピアスを作ってみましょう。葉っぱのチャームを用意すればより可愛いピアスになります。桜の上部の丸小ビーズの間のテグスに丸カンを通してピアス金具を取り付けます。これだけだと寂しいので中央のシードビーズに丸カンを3つほど連ねてその下にパールや葉っぱのチャームを取り付ければすてきなピアスの出来上がりです。フック式のピアス金具が作りやすくておすすめですよ。

ネックレスに

ネックレスには桜のモチーフに丸カンを使ってバチカンを取り付け、チェーンに通すだけで簡単に作れます。もう少し手の込んだネックレスを作りたい人はチェーンの間に桜のモチーフやチャームを取り付けて作ってみましょう。チェーンの中央にはバチカンで取り付け、左右のチェーンを適度な長さにカットしたらチェーンとチェーンの間に丸カンなどで桜のモチーフを取り付けていきましょう。モチーフとモチーフの間のチェーンにチャームを取り付けるとすてきなネックレスになります。

ブレスレットはすべて桜で

ブレスレットには桜乃モチーフをふんだんに盛り込んですてきなブレスレットに仕上げてみましょう。モチーフを繋ぐものにはパールやスワロフスキーなどのビーズを用いると高級感のあるブレスレットになります。パールやスワロフスキーを使って輪を作るようにして繋いでいくと華奢になり過ぎずにボリューム感のあるブレスレットになります。また、ブレスレットを作るときにはマンテルを使うといいでしょう。

ストラップにして楽しむ

身に付けるもの以外にも使いたい場合はストラップにして楽しむと良いでしょう。カニカン付きのストラップ金具を使えば簡単にストラップにすることができます。見た目がスッキリして見えるのはニコイルが付いたストラップ金具です。桜のモチーフを丸カンで取り付ければスマートです。桜だけではちょっと寂しい場合はチェーンを取り付けてチェーンにTピンを使ってパールやビーズを垂れ下がるように取り付けたり、丸カンでチャームを取り付けてあげればボリューム感のあるすてきなストラップになります。他には、色違いで作った桜のモチーフを繋げて作っても面白いです。

さいごに

桜のモチーフもシードビーズやファイヤーポリッシュ、スワロフスキーなどを使う他に花びらの形をしたビーズを使って作ったり、フェルトなどにビーズ刺繍を施してモチーフにしても作れます。ビーズの編み方も工夫すればもっとすてきな桜のモチーフも作れますし、色の組み合わせも重要です。ピンクや白、ビビットなもの、淡い桜色などすてきなビーズを組み合わせて作ってみてください。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. ビーズと革紐で作るチャンルーはビーズアクセサリー中級者向け
  2. サテンリボンとファーのビーズストラップ
  3. beads ビーズのネックレスで使う部品について
  4. beads ビーズアクセサリーの定義とは
  5. beads ビーズアクセサリーで自分だけのヘアピンを作る方法
  6. シードビーズを使って簡単ビーズリングを作ってみよう
  7. 子供向けのビーズアクセサリーの作り方
  8. 10月ビーズカラー 10月生まれのハロウィンカラーでビーズを楽しむ

最近の投稿

PAGE TOP