ビーズアクセサリーの人気記事

異素材ミックスでビーズアクセサリーの雰囲気を変えよう

ビーズアクセサリー作りが趣味だという人も増え、多くの人がハンドメイドを楽しんでします。ビーズアクセサリー作りにも慣れてくると、なんとなく完成度に満足いかなくなってしまう、ということもよく聞きます。「もっと完成度の高い作品を作りたい」「ちょっとだけこなれた作品に仕上げたい」そう考える人も多いのではないでしょうか。そんな時に取り入れてもらいたいのが、ビーズ以外の素材を組み合わせる『異素材ミックス』です。ビーズと違う素材を組み合わせたアクセサリーのアイデアを紹介します。

トレンドのタッセルをビーズにプラス

どんなビーズともマッチさせやすいのがタッセルです。ここ数年タッセルを使ったアクセサリーの人気が上昇しており、ビーズとの相性も抜群です。タッセルそのものを購入することもできますが、刺繍糸を使えば意外と簡単にハンドメイドすることもできます。好きな色の刺繍糸を使って、ボリュームや長さも自由に調整することができる点が、タッセルをハンドメイドする魅力です。フォークロアな雰囲気にもポップな雰囲気にも合わせやすいのでおすすめです。

ビーズにチャームを合わせてアレンジ

チャームはビーズアクセサリーにもよく取り入れられるアイテムです。チャームの種類は本当に豊富で、チャームのデザインによって雰囲気をがらりと変えることができます。マリンテイストにしたいなら貝殻やヒトデなどのチャームを、ボタニカルな雰囲気にしたいならリーフや花のチャームを取り入れるだけで、そのテイストに合ったアクセサリーを作ることができます。ほかにも動物やキャラクターなどのチャームを取り入れてオリジナリティを出してみてはいかがでしょう。

秋冬にはファーやポンポンがおすすめ

季節感のあるアイテムをビーズと組み合わせるのもおすすめです。特に秋冬はビーズに組み合わせたい異素材アイテムがたくさんあります。たとえばファーやポンポンです。小ぶりのファーやポンポンはピアスやイヤリングを作る際に大粒のパールビーズなどと組み合わせてみてください。一気に華やかでラグジュアリーな雰囲気に変わります。秋ならフェザーをプラスしてもいいかもしれません。フォークロア調やボヘミアン調の雰囲気が好きな人にはフェザーがぴったりです。

樹脂粘土でナチュラルなアクセサリー作り

ここ数年注目されているのが樹脂粘土とビーズを組み合わせたアクセサリーです。樹脂粘土は自然硬化するアイテムですので、ビーズと年度さえあればかわいい作品を作ることができます。樹脂粘土を好きな形に整え、粘土が硬化する前にビーズを表面に並べていきます。約90分ほどで固まるので、作業時間も比較的長く取れるので初心者でも安心です。後ろにブローチピンをつけてブローチにしてもいいですし、ミール皿やフレームを使えば簡単にピアスやネックレスに加工することもできます。樹脂粘土を使うことでナチュラルな雰囲気に仕上がります。

お好みの組み合わせを楽しもう

ビーズだけでアクセサリーを作るよりも、ほかの素材のアイテムを組み合わせることでより完成度の高い作品を作ることができます。ベースとなるビーズの色味に合わせた異素材アイテムを探し、お好みの組み合わせでアクセサリー作りを楽しんでください。

ビーズアクセサリー  ビーズアクセサリー

関連記事

  1. 初めてでもできる簡単ビーズ刺繍に挑戦
  2. beads ビーズアクセサリーを使って内職
  3. beads 秋と冬で大活躍するモテビーズアクセサリーとは
  4. ビーズアクセサリーですてきなチョーカーを作ろう
  5. 初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ ビーズアクセサリーを作ろう!基本のネックレスの作り方
  6. ワイヤーを使ったキャッツアイビーズのブレスレット
  7. 8月の誕生日カラーでビーズアクセサリーを作りましょう
  8. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 花をモチーフにしたビーズアクセサリー

最近の投稿

PAGE TOP