ビーズアクセサリーの人気記事

知っておきたいビーズアクセサリーの種類3選

ビーズアクセサリーといっても、ビーズアクセサリーにはいくつかの種類に分けることができます。これからビーズアクセサリー作りを始めてみたいと考えている人も多いでしょうが、ビーズアクセサリーの種類を知っておくことで、自分がどんな作品を作りたいか方向性を決めることができます。3つのビーズアクセサリーの種類について紹介しますので、自分の作りたい種類を見つけてみてください。

テグスを使うビーズアクセサリー

『ビーズアクセサリー=テグスで編んだもの』というイメージがある人も多いと思います。テグスを使ってビーズを編んでいくタイプは、ビーズアクセサリーの基本といってもいいかもしれません。テグスにビーズを通し、交差させながらビーズをつなげていく『8の字編み』はテグスで編むビーズアクセサリーの基本中の基本です。ビーズとテグスさえあれば始めることができるので、ビーズアクセサリー初心者におすすめです。基本の編み方を覚えてしまえば、ブレスレットやマスコットなどを作ることができます。基本の編み方以外の編み方は少しテクニックが必要ですが、基本の編み方を覚えることができればさほど問題なく編み方を覚えることができるはずです。

金属パーツでつなぐビーズアクセサリー

もっと本格的なビーズアクセサリーを作りたいと考えているなら、テグスではなく金属パーツを使ってつなぎ合わせるタイプがおすすめです。金属パーツを使うためには、ニッパーやペンチといった工具が必要になるため、アクセサリーづくりの前に必要な道具をそろえておきましょう。金属パーツを使ったビーズアクセサリーは高級感があり、ショップなどで販売しているようなクオリティの高い作品作りに適しています。金属パーツにはシルバーやゴールド、アンティーク調などカラーバリエーションが豊富で、ビーズの印象に合わせて金属パーツを選ぶことができます。ビーズのバランスを見ながら組み合わせることができるので、何度もやり直しがきくことが魅力です。

糸を使ってビーズを編む方法

柔らかな質感のビーズアクセサリーを作りたい場合には、テグスや金属パーツではなく糸でビーズを編むという方法もあります。糸で編むビーズアクセサリーは、先に紹介した2つの方法よりもやや難易度は高くなります。アクセサリーなど小さなサイズの作品は針と糸を使って編みますが、バッグなど大きな作品を作る場合は専用の織り機を使って仕上げます。ビーズを布に縫い付けて刺繍をする場合も針と糸を使います。糸を使って編むビーズアクセサリーはナチュラルで優しい印象の作品が多いことが特徴です。また、ビーズの色の組み合わせで絵柄を作ることもできるので、作品の幅が広いことも魅力のひとつです。ビーズアクセサリー作りを一通り経験した人がステップアップのために始めるというケースが多いようです。

お好みの方法でビーズを楽しもう

ビーズアクセサリーは、ビーズをつなげる方法が違うだけで仕上がった作品の印象も大きく変わります。初めてビーズアクセサリーを始めるという人は、まずは基本のテグスを使ったものから試してみるといいかもしれません。ビーズの扱いに慣れてきたら少しずつステップアップして、作りたい作品を作ってみてはいかがでしょう。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. ハンドメイドのビーズアクセサリーキットが可愛いフェリシモ
  2. beads ビーズアクセサリーは決して難しいものではない
  3. ビーズアクセサリーを綺麗に仕上げるテグスの処理方法
  4. ビーズアクセサリーの無料レシピおすすめサイト4選
  5. メタルビーズをプラスして作品のクオリティをアップさせよう
  6. beads 100円ショップの材料だけでビーズアクセサリー・チョーカーを制作…
  7. 100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ 簡単なビーズアクセサリーのイヤリング
  8. beads ビーズアクセサリーで自分だけのヘアピンを作る方法

最近の投稿

PAGE TOP