ビーズアクセサリーの人気記事

100均ビーズとレジンで簡単ヘアゴムアレンジ

100均で揃えることができる材料を使ってオリジナルハンドメイドの作品をビーズを使って作ることが可能です。台座があればあとはお好みのビーズをアレンジするだけなので簡単です。簡単なので1つだけ作るよりも、一気にまとめて制作することをおすすめします。
制作の効率がよければ、一度に多くのアクセサリーを作ることができます。
材料は100均で揃えられますが、レジンを使用しますので硬化に必要なUVライトのみ別途用意をしてください。
※UVライトがなくてもレジンの硬化は可能です。別途、ポイントの追記を読んでください。

レジンとビーズで作る簡単ヘアゴムの作り方

【材料】
台座(100均のヘアゴムつきのもの)
ビーズ
レジン液

その他、一緒に硬化したいクラフトパーツ

【作り方】

1 水平に保つと作業がきれいに行えます。
2 レジン液を薄く台座に塗ったらビーズを配置します。
3 UVライトで硬化させます。
4 一層目が固まったところで残りのアレンジをさらに加えていきます。
5 最後にレジン液をもう一度かけ、硬化させ完成させます。

作り方の工程は以上になります。
とても簡単な工程ですが、いくつかきれいにつくるためのポイントがあります。

ポイント
・台座を固定する
作業のスタートに、ヘアゴムは水平に保つことが難しいので固定することをおすすめします。
固定は、小さな紙コップ、もしくは背を低くするために高さをカットした紙コップでもかまいません。紙コップを逆さまにして底の部分に一文字の切込をいれます。その切り込みにヘアゴムを通して固定します。
カップの上で作業をして、カップのままUVライトで硬化させれば水平のまま全工程を終わらせることができます。
※牛乳パックやお菓子の箱でも代用可能です。自宅にあるもので工夫して応用が可能です。

UVライトがないときは

できればUVライトで硬化させるほうが早くきれいに出来上がりますがない場合は、日光で硬化させることが可能です。レジン液は紫外線で固まりますので陽が差し込む窓際に置けば半日から1日で硬化します。
※レジン液の厚さ、天気や陽の差し込み具合で時間は異なります。

デメリットとして、時間がかかることがあげられます。時間がかかることでホコリがつきやすくなります。特にホコリはハンドメイドの御法度とも言えますので気をつけたいところです。

ビーズがうまく台座にのせられないときは

ピンセットか指で直接、ビーズを置けばいいのですが、レジン液をたらしたあとでは触ることが難しくなります。そんな時は、つまようじが便利です。つまようじでレジン液に沈んでしまっているビーズを動かすことができます。

また、レジン液の気泡をみつけたらつまようじでつついいて空気をレンジ液から抜くようにしてください。空気がはいっているとそのまま固まってしまいます。

簡単でも丁寧に

100均にはレジン液に色をつけるためのカラーパウダーも販売されていますので慣れてきたら使ってみると作品の幅が広がります。ちょっとしたポイントをつかめば作品がきれいに仕上がります。
簡単=適当ではありません。簡単でも丁寧に作って作品の質を高めるようにできるのが一番です。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. ビーズと100均アイテムでデコレーションペンシルを作る
  2. ビーズアクセサリーを作るなら覚えておきたいテグスの留め方
  3. チェコビーズとスワロフスキーパールで作る愛されピアス
  4. ビーズアクセサリーでおしゃれなねじりネックレスの作り方
  5. ビーズアクセサリー作り欠かせない収納ケース7選
  6. beads ビーズアクセサリーで使う蝶モチーフ
  7. beads ビーズアクセサリーでメガネチェーンを作る方法
  8. 初心者でも簡単に作れるビーズアクセサリーレシピ チャームが生きるビーズアクセサリー作りに挑戦!

最近の投稿

PAGE TOP