ビーズアクセサリーの人気記事

100均グッズをビーズで、リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ

100均グッズをビーズでアレンジ!リボンのヘアゴム&シュシュやペンのアレンジ

品数も豊富で便利なのが100均です。
便利なので多くの人が利用していますが、残念なのは同じものを使っている人がそれだけ多いということです。気づいたらお隣の友達とお揃いということも珍しくありません。自分でリメイクをすればオリジナルのグッズにすることができます。

100均で買うことができるリボンのヘアゴムやシュシュを土台として利用することで時短で仕上げるヘアアクセサリーのアレンジです。たくさん集めたビーズを片付けておくだけではなく、大いに活用していきます。

ビーズでアレンジするヘアアクセサリー

材料
・100均のリボンのヘアゴム・シュシュ
・ビーズ・コットンパールなど
・糸、もしくはテグス
・針

作り方

作り方は簡単です。
リボンのヘアゴムやシュシュにあわせて選んだビーズを縫い付けるだけです。これなら一晩、いえ数時間あれば、あっという間に仕上げることができます。
縫い付ける時の糸とテグスの使い分けは、選んだリボンのヘアゴムやシュシュ、そして縫い付けるビーズの色などをみてから決めます。糸もテグスも縫い目を目立たせないため、また土台の布を傷つけないためにも細めのものを使用します。

・ポイント1 
シンプルな物を選びます。
土台にするリボンのヘアゴムとシュシュを選ぶ時はキャラクターなどデザインがあまりついていないものを選んだほうがきれいです。
シンプルなデザインの方が、縫い付けるビーズが映えてきれいにみえます。リボンのヘアゴムやシュシュのカラーは使いたいシーンに合わせます。

・ポイント2 
テグスを使います。
縫い糸ができるだけ見えないように仕上げるのはどの布製品でも同じです。その点、テグスならある程度見えても気になりません。
裁縫が苦手な人はテグスを使うことをおすすめします。

・ポイント3 
厚みのある素材を選びます。
ヘアゴムのリボンはできるだけ厚みのある素材の物を選びます。縫い付けたビーズの重みでリボンが歪んでしまってはアレンジが台無しです。リボンの両はし、もしくはぐるりと一回り、下部半分などにアレンジを施します。センスを活かして、かわいく豪華にアレンジしていきます。

・ポイント4 
フリルの多いタイプを選びます。
シュシュを選ぶ時はフリルのついたタイプの物を選ぶときれいです。布を絞っただけのタイプは、ビーズを縫い付ける部分が少ないのでせっかくのアレンジが活かしきれません。フリルの部分にできるだけたくさんのビーズを縫い付けアレンジします。

ハンドメイドの醍醐味

コットンパールを使うとちょっと豪華に見せることもできます。
100均では本物のコットンパールがない場合もありますが。フェイクのビーズが売られています。よく見るとわかってしまいますが、一見、コットンパールと見間違えます。あまり大きなビーズが使えない分、輝きのあるビーズを選べば印象が変わります。
ビーズのいいところは、キラキラと輝く存在感です。華やかに魅せることも、上品に魅せることもできれば、可愛らしい印象を与えることもできます。急な場面でも慌てず、臨機応変に小物をアレンジできるのがハンドメイドの醍醐味です。

ビーズを使ったボールペンのアレンジ

基本のビーズ加工の方法を1つ覚えるだけで、アレンジができます。用意をするのは100均のペンですが、丸カンに飾りのパーツがついているペンがありますのでそれを用意してください。この先についているパーツをビーズで作ります。
材料
・ぶら下がっているパーツがついている100均のペン
・ビーズ各種・適量
・Tピン(必要な本数分)・・・ペン1本につき3本ほど

作り方
1 Tピンにビーズを通して曲げます。
2 Tピンを通したビーズのすぐ上を直角に曲げます。
 ※ピンとビーズに隙間があかないようにします。
3 直角に曲げた根元7~8mm程度のところでニッパーで余分なピンを切り落とします。
4 丸ペンチでピンの先端を挟んだら、ゆっくりとピンを丸めていきます。
 ※丸ペンチの丸みをうまく利用します。
5 同じように好みの数だけ、パーツを作りあげます。
 これが飾りになりますので、様々な色で作ってもかわいいです。
6 作った各パーツを1コずつ、丸カンを開いて通していきます。
7 100均のペンについているいらないパーツを外したら、先の作ったパーツと入れ替えます。

ポイント
・Tピンの後始末はきれいにしましょう。丸みがきれいだと仕上がりも丁寧です。
・ペンにつけるパーツは多すぎると邪魔になります。見た目もかわいくありませんのでほどほどにするほうが無難です。1本のペンにつき、パーツは3つ程度が適量です。
・選ぶビーズは色合いを考えて組み合わせて見た目を重視します。

飾るビーズをバージョンアップ

せっかく作るのなら少しバージョンアップさせるのも面白いです。

作り方
1 大きさの違う大小のビーズを用意しておきます。
2 Tピンをビーズに通す時に、小さなビーズを通してから大きめのビーズを通し、また小さなビーズを通します。
3 3個並べたら、後の手順は同じです。

余裕があれば・・・・

4 アイピンにビーズを通し、丸ペンチで処理をする過程まで今までのパーツと同じように整えます。
 ※ビーズの両側に丸カンが通せるような形になっているはずです。
5 2種類のビーズパーツをやっとこでつないでいきます。
 ※長さが欲しい場合は丸カンをつないで増やしていきます。

先ほどのパーツよりもボリュームがアップすることができました。オリジナルパーツのできあがりです。
このパーツの作り方は、他のアクセサリーを作る時もアレンジに応用できるので覚えておくとデザインに幅が広がります。

Tピンはアクセサリーの基本です

Tピンをビーズに通して丸ペンチで丸く処理する作業は、アクセサリー作りの基本となります。いつくかチャレンジしてマスターしてしておくと便利です。
丸カンなどは、つなぎ目はしっかり閉じてあるか必ず確認が必要です。毎日使うものなのでつなぎ目が甘いとすぐにパーツが取れてしまいます。
ビーズの色や種類をかえるだけでなく、ビーズを通る順番をかれば仕上がるパーツのデザインは無限です。ペンごとにつけるパーツをかえることができるのでオリジナルグッズを完成させることができます。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. シードビーズを使って簡単ビーズリングを作ってみよう
  2. ビーズアクセサリーを綺麗に仕上げる裏ワザ5選
  3. 桜をモチーフにしたビーズアクセサリーを作ろう!
  4. サクランボのビーズキーホルダー
  5. 初心者でも簡単シードビーズを使ったピアスの作り方3選
  6. beads ビーズアクセサリーに年齢なんて関係なし
  7. ビーズアクセサリーに必要な道具
  8. ビーズの種類 ハンドメイドでよく使われるビーズの種類について

最近の投稿

PAGE TOP