ビーズアクセサリーの人気記事

100均ビーズで簡単かわいいブレスレットをDIYしよう

ここ数年、100円ショップでもかわいいビーズを購入することができるようになりました。以前はビーズの種類も少なかったのですが、最近はカラーや大きさだけでなく様々な素材のビーズの種類も増え、ハンドメイド好きの人にとってはうれしいことです。種類豊富な100均ビーズを使って作ることができる、簡単かわいいブレスレットの作り方を紹介します。

必要な材料はすべて100均でそろう

まずは材料をそろえましょう。今回は100円ショップでそろう材料だけを使います。

◎材料

・お好みのビーズ

素材はアクリルでもウッドでもガラスでも好みのをものを選んでください。ガラスビーズはアクリルビーズに比べると1袋に入っている量が少ないので、ブレスレットのアクセントとして取り入れるのがおすすめです。大きさもお好きなものをチョイスしてください小さいビーズと大きいビーズを組み合わせてもかわいいブレスレットを作ることができます。

・テグス

ビーズを通すために使う透明のヒモ状のアイテムです。ブレスレットに使う場合は、着脱がしやすいゴムテグスを用意するといいでしょう。伸縮しないテグスを使う場合は、別にブレスレット用の金属パーツが必要になります。

・ビーズケース

購入したビーズを収納しておくためのケースを用意しましょう。袋からケースに移し替えたほうが、ビーズが扱いやすくなります。

・ビーズトレイ

ビーズをテグスに通す際、ビーズトレイを使うとより作業効率がアップします。三角形のビーズトレイを使えば、余った時にケースにしまいやすいのでおすすめです。

作り方はテグスにビーズを通すだけ

材料がそろったら、いよいよ作業に取り掛かります。作業方法はとっても簡単。テグスを手首よりも少し長めにカットし、片方の端にビーズが抜けないようにテープを留めておきます。あとは好きな順番でビーズをどんどんテグスに通していくだけでOKです。色や大きさのバランスを見ながら手首のサイズになるまでビーズを通しましょう。ビーズを通し終わったらテグスを2~3回固結びし、解けないように処理したら完成です。

失敗しないポイントは3つ

オリジナルのブレスレットを作ろうと思うと、どうしても安っぽくなってしまうという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。ビーズブレスレットを失敗せずに作るには、次の3つのポイントに気を付けてみてください。

・色の組み合わせ方に注意

ひとつは色の組み合わせ方です。あれもこれもといろいろな色を取り入れてしまうとどうしても幼いイメージになってしまいます。メインの色を1つ決めて、その色に合わせた2色から3色でまとめるのがおすすめです。

・素材を統一しよう

アクセントにほかの素材のビーズを取り入れることもありますが、素材選びには注意したいところです。異素材をミックスするのは高度なテクニックなので、まずは素材を統一して作ってみると失敗しにくくなります。異素材を組み合わせる場合は、色のバランスを見て取り入れてみてください。

・大きめビーズをプラス

バランスを見て大きめのビーズを取り入れると全体を引き締めるとともに、ブレスレットのアクセントになるのでおすすめです。メインのカラーに合わせて大きめのビーズを主役にしたブレスレットを作ってみても素敵です。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. ビーズアクセサリーの資格取得3つのメリット
  2. beads ビーズアクセサリーで使う糸について大解剖
  3. 100均でそろえるビーズアクセサリーに必要な材料
  4. たくさんのビーズを購入する方法
  5. ビーズの種類 ハンドメイドでよく使われるビーズの種類について
  6. ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタの作り方 ヘアピンのモチーフにもなるビーズとビーズで飾るオリジナルバレッタ…
  7. beads 既存の腕時計バンドをビーズアクセサリーで大変身
  8. 大注目のコットンパールを使ってアクセサリーを作ろう

最近の投稿

PAGE TOP