ビーズアクセサリーの人気記事

100均材料でチャンルー風ビーズブレスレットを作ろう

『チャンルーブレスレット』は、ここ数年話題になっているビーズと革ひもを使ったブレスレットです。『ラップブレスレット』などと呼ばれることもあり、凝ったような作りに見えますが実は意外と簡単にハンドメイドすることができるとして、注目されているアクセサリーです。100均材料で作るチャンルー風ビーズアクセサリーの作り方を紹介します。

100均でそろえられるブレスレットに必要な材料

◎材料

・1.5mmサイズの革製コード60cmほど

・4mmほどのサイズのビーズ20個から30個

・革製コード2本が通る大きさの穴のビーズ2個

・革製コードと同系色の糸2mほど

まずは必要な材料をそろえましょう。今回は、100円円ショップで購入できる材料だけを使うのでとてもお手軽です。100円ショップの革製のコードはカラーバリエーションが豊富なので、お好みのカラーをチョイスしてください。定番のブラウンカラーなら、どんなビーズとも相性がいいのでおすすめです。ビーズは4mmにこだわらなくてもいいですが、小さすぎるものよりはやや大きめのものを使ったほうがいいかもしれません。

チャンルー風ブレスレットの作り方

1.革製コードを半分に折り、端を『コマ結び』にします。コマ結びが難しい場合は玉結びでもOKです。

2.大きめの穴のビーズを1つ通し、結び目のほうへ流しておきます。

3.ビーズを付ける位置を決めます。目安としては、折り返した部分から6cmほどのところから始めるのがおすすめです。

4.針に2本取りにした糸を通し、ビーズの穴に通します。この時15cmほど糸を残しておきましょう。

5.コードとコードの間にビーズをおさめ、片方のコードを巻いてからさらにビーズの穴に通し、残しておいた糸としっかりと結びます。

6.もう片方のコードに糸を巻き、もう一度ビーズの穴に通します。これでビーズがひとつつけられました。

7.これと同様に、8の字を書くようにコードに巻き付けビーズに通し、反対のコードに巻き付けビーズに通す、を繰り返します。

8.最後まで巻き終わったら、最後のビーズの端に糸を2.3回巻き、しっかりと結びます。

9.余った糸を切ります。

10.コードを折り返したほうから大きめの穴のビーズを通したら完成です。

◎ポイント

綺麗に仕上げるには、ビーズを通すたびにきゅっと引き締めるようにしながら巻き付けます。ビーズが傾きやすいので、整えてから次の作業に移りましょう。糸の始末は、結んだ後にビーズに再び通してからカットするのがおすすめです。ブレスレットの長さは手首のサイズに合わせて調整してください。作りながらサイズを調整したい場合は、結び目を最後に作るといいでしょう。

お好きなビーズでオリジナルブレスレット

今話題のチャンルー風ブレスレットも100均材料で手軽にハンドメイドすることができます。ビーズの大きさやカラーを変えて、雰囲気の違うブレスレットを作ってみてはいかがでしょうか。作り方に慣れたら、本場のチャンルーブレスレットのように何重にも巻けるブレスレット作りに挑戦してみてもいいかもしれません。留め具にコンチョやボタンを使ってもかわいく仕上がるのでおすすめです。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. 丸小ビーズで作るゆらゆら可愛いボールピアス
  2. 天然石で作りたいビーズアクセサリー
  3. フルーツを使ったビーズアクセサリーの作り方を一挙ご紹介!
  4. beads ビーズアクセサリーで使う丸カンを解説
  5. メガネの紐もビーズアクセサリーで手作り
  6. ビーズやパーツを買うならココ!おすすめショップ3選を紹介
  7. 100均ビーズとレジンで簡単ヘアゴムアレンジ
  8. 自分で作りたいを叶えてくれるビーズキットでアクセサリー作り

最近の投稿

PAGE TOP