ビーズアクセサリーの人気記事

ビーズでリングアクセサリーを作る方法

ビーズアクセサリーの編み方を一つ学べば、テグスとビーズのみでリング作れてしまいます。

日常使いのものからパーティーでつけていても違和感のないものまでこの二つの材料で作れてしまうのですから、ビーズアクセサリーは奥が深いです。
この記事では、初心者でも取り組みやすいリングの制作方法をご紹介いたします。

ハンドメイド品リングの相場は

現在は多くの種類のハンドメイド品販売アプリが存在します。参考までに、人気が高い「Creema」や「minne」で調査したところ、手作りリングの相場は300円?700円程度でした。
種類も豊富で、リングに一つビーズを通したシンプルなものから、リング自体を全てビーズで作ったものまで様々。
中には刺繍糸とビーズを組み合わせて作ったものや、レジンとビーズを組み合わせ、自分では想像もつかないほど幻想的で美しい商品も安価で販売されており、アプリを眺めているだけでも楽しめました。
市販では自分のイメージ通りの商品が見つからないという方は是非ハンドメイドのサイトやアプリを覗いてみてください。

8の字編みで作ってみよう

今回ご紹介するのは、ビーズで作るリングの中では一番工程がシンプルな8の字編みができれば作れるものをご紹介します。所要時間は約10分!
まず、必要な材料はテグスとビーズのみです。テグスは一つリングを作るのにだいたい50cmほど必要なのでご用意ください。
デリカビーズのような小さいもの中心の方が作りやすいですが、少し多き目のビーズを混ぜるのも良いでしょう。
そして、中央になるビーズと両側にあたるビーズがあるので色を変えた方が作りやすく見た目も華やかになります。
ここではわかりやすくするために中央にくるビーズを青、両端にくるビーズを赤とします。

はじめに青と赤のビーズを交互に4つ通します。中央にくるビーズを一番に通すため、ここでは青ですね。青・赤・青・赤と通したら、3番目の青でテグスを交差させましょう。
次に両端に赤のビーズを一つずつ通し、どちらかに青のビーズを通しましょう。再び青のビーズでテグスを交差させたら、あとはその繰り返しです。
指の長さより少し長めに作りましょう。最後のビーズを両端に通したら輪をつくり、片方のテグスを最初に通した青ビーズに通して締めてください。
ここで本結びをし、余ったテグスを綺麗に切り取れば完成です。

アレンジ次第でリングを太くしたり、高さを凸凹に仕上げたりなども可能ですので、アイディアがある限りいくらでも作れます。
色を変えたり統一させるだけでもかなり雰囲気が変わってきますので、自分にピッタリの按排を見つけましょう。

うまく作れたら販売できるかも

上記に書いた通り、今はハンドメイドのアプリが選べるほど多くあります。もし作品が綺麗に仕上がれば、商品として販売することもできます。
手順は作品の写真を撮って金額を決めるだけ!思わぬサイドビジネスになるかもしれません。興味ある方は1つでもアプリをダウンロードして見てください。
価格やどんな商品が人気があるのか、とても参考になりますよ。

さいごに

ビーズアクセサリーでリングを作ることは特別難しいことではありません。
リングの作成キットなども販売しているので、あまり自信がない方はそちらからチャレンジしてみてください。

 

関連記事

  1. パールビーズ シンプルで可愛いパールビーズのネックレス
  2. ビーズアクセサリーに必要な道具
  3. 100均ビーズをかわいくするアレンジ法6選
  4. beads 手作りビーズアクセサリーの魅力
  5. ビーズで作る初めての帽子止めのレシピ
  6. サテンリボンとファーのビーズストラップ
  7. ビーズアクセサリーで使うつぶし玉の使い方
  8. パールビーズで作る子供のブレスレット

最近の投稿

PAGE TOP