ビーズアクセサリーの人気記事

子供向けのビーズアクセサリーの作り方

子供でも簡単に扱えるビーズとは

・プラスチック製の筒をカットしたようなビーズを使って
アイロンビーズに使うビーズはビーズ自体のサイズも大きく扱いやすいので子供が扱うにはぴったりのビーズです。原色系の明るい色のビーズが多く色鮮やかな面でも子供が喜ぶビーズと言えるでしょう。

・穴の大きなサイズの大きいビーズは子供でも扱いやすい
大きい穴のビーズは子供でも楽に糸やワイヤーが通るのでおすすめです。トンボ玉のような大きさのビーズを使えば自然と穴も大きいですが、シードビーズでも穴の大きな種類もありビーズを編んでマスコットが作れるおもちゃなどもあります。

大人もハマるアイロンビーズ

「ハマビーズ」やトイザらスの「パーラービーズ」などさまざまな会社から発売されているアイロンビーズのキットがあるようにアイロンビーズは手軽にビーズが楽しめ、子供が喜ぶビーズを使ったおもちゃです。ツメの付いた台にビーズをはめるだけで作れる手軽さが受けて子供たちにとても人気があります。
しかし侮るなかれ、アイロンビーズの魅力は大人でもハマっていしまう楽しさがあります。ビーズの種類も増えてさまざまなものが作れるようになりました。中でも人気なのはディズニーのキャラクターです。図案も多く出回っていますが、自分で考えてもとても楽しいです。

アイロンビーズの作り方

アイロンビーズの基本的な作り方をご紹介します。

【1】アイロンビーズの専用のプレートを用意してアイロンビーズを1つずつはめていきます。

【2】はめ終わったらアイロンシートを当ててアイロンをかけていきます。そのままビーズに直にかけないようにしてください。ビーズが溶けてアイロンにくっ付いてしまいます。

【3】使用しているアイロンビーズの説明書に書いてある温度でアイロンをかけてください。当て過ぎるとビーズが溶けてしまうので注意しましょう。

【4】程よくビーズが溶けて横同士がくっついたらアイロンシートを外して軍手などをつけて取り外して逆さまに専用プレートにセットします。

【5】もう一度裏側にもアイロンシートを当ててからアイロンをかけていきます。

【6】専用プレートから取り外せば完成です。そのまま平らなところに置いて冷やしましょう。

※アイロンをかけたばかりのビーズは熱くなっているので火傷に注意してください。軍手を着けたり雑巾などを使って直接触らないようにしましょう。

出来上がった作品を飾るには

アイロンビーズが出来上がったら飾ったり身に付けたりできるようにしたいですよね。そんなときはボールチェーンを使うと良いです。取り付けが簡単で見た目にもアクセサリー感が増します。ボールチェーンを取り付けてカバンに取り付けたり、キーホルダーの飾りにしてもいいですね。丸カンを使ってイヤリング金具を取り付けたり、チェーンを通してペンダントトップにしてもかわいいです。小さな作品は裏に1つビーズを寝かせて取り付ければゴムを通してヘアゴムを作ってもすてきですしアイデア次第でどんなものでも作れます。

大人がアイロンビーズにハマる理由の1つにポップな雰囲気があることです。ドット絵のようでレトロな雰囲気もあります。大人がアクセサリーとして使うのならピアスに取り付けたり、ブレスレットの飾りとしてぶらさげてもかわいいです。ぜひ子供と一緒にアイロンビーズにTRYしてみてください。

 

関連記事

  1. beads 豪華なキュービックジルコニアビーズの指輪
  2. 竹ビーズを使ったビーズアクセサリー作り
  3. beads ビーズアクセサリーでかんざしを作る方法
  4. ビーズでリングアクセサリーを作る方法
  5. ビーズをこぼしてしまった時の対処法
  6. ハンドメイドビーズ作品の販売の仕方
  7. ビーズで作る初めての帽子止めのレシピ
  8. beads 手作りビーズアクセサリーの魅力

最近の投稿

PAGE TOP