ビーズアクセサリーの人気記事

100均ビーズをかわいくするアレンジ法6選

ハンドメイドブームが過熱し、ここ数年100円ショップでもハンドメイド資材の種類が豊富になっています。特にビーズの種類が豊富で、大きさや色はもちろん、素材の種類も増えています。100円ショップのビーズも侮れないほどかわいいものがそろっていて、ハンドメイドに活用している人も増えています。そんな100均ビーズをもっとかわいくアレンジしたいという人のために、6つのアレンジ法を紹介します。

コットンパールを使えばラグジュアリーなアクセサリー

100円ショップで注目されているビーズのひとつに、コットンパールがあります。コットンパールとは、コットンを圧縮してパールのように加工したビーズで、柔らかな輝きと質感が魅力です。いつものビーズからコットンパールにチェンジするだけでラグジュアリーな印象のアクセサリーを作ることができます。

サテンリボンにビーズを通してキュートなアクセサリー

サテンリボンを使えば、よりキュートなアクセサリーにアレンジすることができます。3mmから5mmほどの細めのサテンリボンを50cmほどカットします。15cmほどのところでかた結びしてからビーズを通しさらにかた結び、を手首のサイズまで繰り返しましょう。たったこれだけでかわいいブレスレットを作ることができます。

色合わせ次第でスタイリッシュな雰囲気

100円ビーズを使うとなんとなく安っぽく見えてしまう、という悩みを持っている人もいるかもしれません。そんな時は色合わせに注目してみましょう。ピンクやブルーなど、ポップな色を選ぶと子供っぽくなってしまうので、白や黒、ゴールドやシルバーなどベーシックなカラーを中心に落ち着いた色をチョイスしてみてください。スタイリッシュな印象に仕上がります。

大小の組み合わせもポイント

同系色のビーズを大きさを変えて組み合わせるだけでも、ニュアンスのあるアクセサリー作りをすることができます。100円ショップには同じ色でサイズ違いのビーズを販売していることも多く、同じ種類のビーズをサイズ違いでそろえておくと重宝します。パールなどは大きさの違うものをいくつかそろえておくといいでしょう。

素材選びで雰囲気が変わる

以前は100均ビーズというとアクリルビーズが主流でしたが、ここ最近では素材の種類もどんどん増えています。アクリルビーズに比べて数が少なく高価にはなりますが、ガラスビーズやシェルビーズは高級感があっておすすめです。ナチュラルなアクセサリー作りをしたい場合は、ウッドビーズを使うのがおすすめです。

モチーフビーズをアクセントに使おう

大きめのモチーフビーズも100円ショップで購入することができます。モチーフビーズを使うと子供っぽくなりがちですが、ワンポイントやアクセントとして使うことで、大人っぽい印象に仕上げることができます。特にピアスやイヤリングを作るときは、大きめのモチーフビーズを有効に使うことで、おしゃれな雰囲気のアクセサリーに仕上がります。

まとめ

100均ビーズも使い方次第でぐっと大人っぽくおしゃれな雰囲気のアクセサリーに加工することができます。ビーズ以外のほかの素材と組み合わせて、100均ビーズでオリジナルアクセサリー作りを楽しんでください。

 ビーズアクセサリー資格取得の通信講座  ビーズアクセサリー資格取得の通信講座

関連記事

  1. ハンドメイドのビーズアクセサリーキットが可愛いフェリシモ
  2. 10月ビーズカラー ビーズアクセサリー初心者必見ビーズは素材にも注目
  3. ビーズアクセサリーを綺麗に仕上げる裏ワザ5選
  4. beads ビーズアクセサリーは決して難しいものではない
  5. シードビーズを使って簡単ビーズリングを作ってみよう
  6. beads ビーズアクセサリーの値段はどのくらいが妥当なのか
  7. beads ビーズアクセサリーの基本、糸の始末はどうする
  8. ビーズアクセサリーの材料にこだわるならこの4つがおすすめ

最近の投稿

PAGE TOP